FC2ブログ

Entries

【不登校】自己否定の強い子をどうすれば動かせるのか?(後半)

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

はじめまして。

息子は中学1年の男子ですが、
不登校になって1ヶ月半です。

学校を休んでゲームをしてたのを叱ったのが
きっかけで、もう死にたいと泣くようになり、
学校に行けなくなりました。

毎日ゲームや動画を見たり、
そのほか好きなことをして過ごすうちに、
家ではよく話もし、元気に明るく過ごしてます。
通院もしており、薬も飲んでいます。

自分は人より劣っていると自己否定が強く、
先のことを考えると耐え難く死にたくなって
しまうようです。

休んでいる罪悪感から、友達に会うのを
恐れて外出ができません。

部活の仲間が尋ねて来てくれますが会えません。

相談室登校や、部活から始めて学校に
復帰したいのですが、そのような登校の
仕方も嫌らしく、どうすれば、そういう自分を
許せる、あるいは認められるようになるものでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

前回の続きです。)

共同作業をしてあげても、あくまで
一時的な対応に過ぎません。

何年もかけて自己否定してきた子を
変えていくには、1年以上の時間が
必要になります。


子供は体験を通じて、強くなります。

自己否定が強いのは、前回話したように
親に認められない自分への絶望感です。

人間は完璧になれないのに、完璧でないと
自分には価値がないと思い込んでいます。
そうしないと親に認められないと感じている。

だから、完璧にできない自分を自己否定する。

この状態を抜け出させるには、失敗する
体験をどれだけさせられるかなんです。

慣れをどれだけ作るかです。

例えば、おねしょをしたとしましょう。

自分はこんな良い大人なのに、おねしょを
するなんて恥ずかしいですよね。

自己否定の強い人、完璧主義の人は
おねしょの話を隠そうとしますよね。

一方で、強い人は、自分の失敗を
笑い話として、みんなに披露します。
これが大きな違いです。

失敗体験をして、人って完璧じゃないって
体で分かるようにならないとできません。

今の学校教育では勉強以外に失敗する
体験を出来る場面が非常に少ないです。
勉強は「やればできる、やっていないだけ。」と
簡単に言い訳ができて、逃げることができます。

経験の多さがあるかどうかです。

決して、すごい経験をするとかではないです。
今までの環境の中では経験できなかった量を
少し増やすだけでいいのです。

しかし、今の学校にはそれはできません。

私がすすめるのは、親から離れた環境で
自分一人で何かをやらないといけない状態を
作ってあげることです。


人は誰でも、親から離れて強くなるものです。

親から離れると、親がどうとかが関係なくなります。
自分一人で勝負する、やらないといけません。

親が横にいる限りは、どうにもならないのです。

私はこの方法しか変えられないと信じています。

ぜひ、考えてみてください。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ