Entries

【不登校】周りと合わないから部活を辞めさせていいのか?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中2男子です。
我慢強くない、めんどくさがり、頑固な性格です。

中1の3学期より 頻繁に休むようになり…
最後の1週間は終業式しか行ってません。
理由は、部活の先生と合わない。

部活の仲間は楽しそうなのに、自分は楽しくない。
クラスの子と合わない等です。

本人は、部活を辞めるのは後悔するから嫌だと言っています。
明日は行くと、毎日言うのですが…当日になると行けません。
部活を頑張れる自信がないみたいです。

部活を辞める決断が出来れば
学校も普通に行けるようになるのでしょうか?

さらに、最近気になる事があります。
小学5年からずっと不登校の同級生がいるのですが…
その子の家によく遊びに行っているということです。
止めるべきでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の典型のような子です。

周りとどうしても合わないのです。


合わないだけなら良いのです。人は
みんな合うわけありません。

人間関係の中で、自分の意見を言ったり
相手の考えに合わせたり、そうやって
バランスを取っています。

しかし、不登校の子はバランスがうまく
取ることができない子が多いです。


2つのタイプがいます。

自分を出し過ぎて、周りに合わせず
嫌われてしまう子タイプ。

自分を極限まで抑え込んで、無理に
周りに合わせてしまってストレスを
溜めてしまうタイプです。

この子は後者です。

周りに合わせ過ぎて、自分らしさを
出せなくなって苦しいのです。

ここで部活をやめてしまうとどうなるかを
考えなければいけません。


強い子だったら、簡単にできると思います。

しかし、中学校で部活をやめてしまったら
周りからどんな目で見られるかを、この子は
わかっています。


後悔、というのは1つの面だけで、本当は
周りと孤立する恐怖があるのです。

同級生だけでなく、先輩後輩の関係も
あるので、容易ではありません。

今の部活を辞めて、他の部活に入っても
同じことになります。本人は何も変わって
いないからです。

辞めて、孤立して、さらに孤独感に襲われ
不登校が悪化してしまうこともあります。


慎重に考えなければいけません。

中学生の人間関係は大人の世界よりも
密着していて、厳しいと思います。

それで、この子は自分と似た友達のところへ
行っているわけです。

「類は友を呼ぶ」ですから、当然です。

では、どうすればいいのでしょうか?

問題の本質は、自分らしさを出せないことが
原因です。この本質にお母さん自身が気づく
必要があります。

自分の考えや意見を言う、表現する機会を
子育ての場面で作っているかどうかです。


それがこの子に与える次の教育機会です。

真面目で良い子ほど、自分を抑えます。
周りに合わせて、良い子を演じます。

この子らしさとは何でしょうか?

それを考えるのが子育てだと思います。

部活がこの子らしさを発揮できるなら
それで構いません。でも、違うのでしょう。
何かほかにあるはずです。

私の中学校に4月からやってきた子に
作文を書かせたら表現力が抜群にある子が
いました。


話を聞くと、お母さんも、前の中学校でも
そんなことは気がつかなかったそうです。

驚きました。

この子は、これから私の学校で文章を
書いて表現する機会をたくさん与えます。


それを通じて表現したり、本を読ませたり、
あるテーマについて議論させたり、あるいは
脚本やシナリオを書かせたりもして行きます。

自分が表現できるようになれば、自信が
でてきて、周りに合わせ過ぎなくなります。

バランスがとれるようになるのです。

それで不登校を改善できていけます。

ぜひ、この子らしさが何かを探して下さいね。

目先の対応だけでなく、根本的な対応も
考えてみてくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ