FC2ブログ

Entries

【不登校】子供にやさしい声掛けをしたら「どうせ嘘だろ」と言われた母

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

どこまで許してどこまで許さないのか、
境目がよく分からないのです。

息子は一人っ子なので、
どうしても親の目が子に向きます。
叱り過ぎたのか、自己肯定が低い子どもに
なってしまいました。

先生のおっしゃる通り、息子に信じている。
大切にしている。と伝えていますが、
「どうせ嘘だよ…」と言われる日々です。

その対応も含めて、今後ご指導頂けたら
有りがたく思います。宜しくお願い致します。

******************終わり******************************

……

回答:

同じように、子供の対応に悩んでいる
お母さんが多いと思います。

「どうせ嘘だよ・・・」

こうやって子供に言われるのは、
今までの親としてのあなたの言動を
子供に見抜かれているからです。

自業自得なんです。

それがわかったなら、これから変えていく
だけなんですよね。気づかない状態が
一番悪いですから、気付いた時に変えて
いけばいいんです。

今回は、親子の意識の違いについて
話したいと思います。

親は、「将来」を見ています。

子供は、「今」を見ています。


だから、親子のスレ違いが起きて
しまうわけです。

親は常に「こんなことやっていたら、
将来に影響がある。大変だ。」と
思ってしまうわけです。

しかし、子供の方は将来なんて知りません。
今を生きるしかありません。

あなたがどれだけ「将来が大変だ。」と
言ったところで、子供には何ひとつ痛みを
感じません。

通じなくて当然なんです。

ずっと親は、生まれた時から将来のために
知育のおもちゃを買ったり、英語を学ばせて
みたり、頭が良くなるからとピアノを習わせて
います。

ずっと子供は、親の将来目線での教育を
受けてきました。

そして、そこに違和感を感じていたんです。

だから、親が急に「今」の目線で語り始めたら
違和感を感じるのです。

「お前は、今までさんざん、将来について
語ってきたじゃないか!何を今更、心配する
フリをしているんだよ。」

と思っているわけです。

非常に厄介な話ですよね。

では、どうすれば、親子のスレ違いを
解消することができるのでしょうか?

明日、続きを話します。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ