FC2ブログ

Entries

【不登校】子供にやさしい声掛けをしたら「どうせ嘘だろ」と言われた母(後半)

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

どこまで許してどこまで許さないのか、
境目がよく分からないのです。

息子は一人っ子なので、
どうしても親の目が子に向きます。
叱り過ぎたのか、自己肯定が低い子どもに
なってしまいました。

先生のおっしゃる通り、息子に信じている。
大切にしている。と伝えていますが、
「どうせ嘘だよ…」と言われる日々です。

その対応も含めて、今後ご指導頂けたら
有りがたく思います。宜しくお願い致します。

******************終わり******************************

……

回答:

前回の続きです。)

親子に認識のズレがあると、
子供は親の話を聞いてくれません。

親は「将来」、子供は「今」を見て
生きているということです。


さらに、ここにはもう1つ問題があります。

それは「思春期(反抗期)」です。

反抗期ですから、当然、母親に反発して
しまいます。ここも問題です。

では、どうすればいいのでしょうか?

2つの事をやってください。

1つ目は「共感の会話法」です。

子供の感情に合わせた会話をして
いきます。

共感の会話法については、メルマガなどで
詳しく話しているので参考にしてください。

実は、このお母さんは共感の会話法を
やってくれていたんですよね。でも、
すべてを共感していないんです。

どういうことか説明しますね。

子供が「嘘だろ。」と言った時に、
お母さんは共感していないんです。

子供が何を言おうが、子供はそう思って
いるわけですから、それに共感をして
あげないといけないんです。


「嘘だろ。」と言った時に、

「そうだよね、わかるよ。嘘に聞こえるよね。
お母さんも、あなたと同じぐらいの時に、
おばあちゃんから言われたことが信じられ
無かったんだよね。

いつも、自分中心で、私の事なんて
考えてくれていないと思っていたから。」

と、共感すればよかったんです。

共感の会話は子供が何を言おうが
共感するんです。

それが1つ目です。

2つ目は、反抗期の対応です。

今回の相談者は息子さんなので
息子さんには父親の対応が必要に
なってきます。

反抗期のほとんどが母親に対するものです。

少しでも自分が大人に見えるように、
父親よりも体力的に弱い母親を自分より
下にしようとしてしまうのです。

だから、これを抑えるのは父親の役目です。

父親が母親と同じように、息子さんを
信じてあげる、認めてあげる言葉を
かけてあげることです。


これができれば、少しずつ反抗が穏やかに
なって、自信を持てる子になります。

もちろん、自立した子にするには、
親の声掛けだけでは難しいです。

しっかりとした教育が必要です。

経験・体験が子供を強くします。
どんな環境を子供に選んでいるからを
考えないといけないですよ。


それでは、共感の会話法と
父親からの声掛けをやってみてください。

弱って、自信のない子になれば、
学校どころか、家の中でひきこもって
出なくなります。

将来などありません。

そうならないように、今すぐ正しい声掛けを
やってくださいね。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ