FC2ブログ

Entries

【不登校】お母さんはこれ以上がんばる必要はない

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高校1年生の息子が2年くらい不登校です。

優しく真面目で繊細。

病院もカウンセリングも色々してきましたが、
効果はなくてこれからどうしていったらいいか
悩んでます。

普段は部屋に居てゲームをして過ごしています。

最初の頃は昼夜逆転の生活で部屋にこもり、
食事もお風呂も何も出来ない状態で、言葉も
かわせてませんでした。

色々調べたり聞いたりしてからは、
子供に共感や寄り添い、ときにはそっとしておいたり、
もしくは興味や趣味何か外に出るきっかけ作ろうと
誘ってみたりと少しは私自身も変わらないといけないと
おもいました。

そうしていくうちに息子も少しずつ元気になってきて
朝から起きて食事もとり生活リズムが時間をかけて
少しずつ戻っていってました。

ときには自分から少し話しかけて来ることもありました。

今支援学校に入学してから一度も登校できず、
担任の先生とも会えてません。自分の部屋から
リビングまで行き来はしてますが、外出することは
全くありません。

興味のあるものから外出にうながしても、
お家に訪問支援なども嫌がります。

外に出れるようになるには、何から始めたらいいのでしょう?

まずは外に出ることから色々と広がって行けそうだと
おもったのですが、正直分かりません。

よろしくお願いします。

******************終わり******************************

……

回答:

お母さんは本当によくがんばっています。
お母さんではなければできないぐらい
がんばっています。

それに息子さんも応えようとしています。

素晴らしいです。

私は、これ以上、お母さんに何かを
求めるのはおかしいですし、出来ません。


なぜなら、息子さんが止まっているのは
お母さんが原因ではないからです。

息子さんの心がもう一歩前へ進まない
1つの要因は、お父さんです。お父さんの
後押しが必要です。


当たり前ですが、子供が家に居る時は
家のメンバーが子供に自信を与えるしか
方法はありません。

学校は学校で、遠隔ですが、子供に
学校へ行かせたいと思わせることが必要です。

常に、学校と家庭の両方からのアプローチが
絶対に必要なんですね。それができない限りは
子供は不登校から抜け出せません。


学校は学校がやることですから、私たちは
家で出来ることを全部やるしかありません。

お母さんの次はお父さんですよね。

私たち大人が思っている以上に
子供は親から影響を受けています。


親の顔色をうかがっています。

反抗するのも、親だけです。
他人の大人には反抗しません。

それは親から影響を受けている証拠です。

親に認められたい、親に理解してほしいと
思っているのです。


それは、お母さんに対しても、お父さんに対しても
両方にあります。

子供の自信というのは、親が与えるものです。

親に馬鹿にされ続けた子に自信があるわけが
ありませんよね。

不登校の中で、ほんの少しの自信を持てれば
学校へ戻れる子もいます。その場合、お母さんか
お父さんかのどちらかがもうひと踏ん張りしないと
いけません。


今回の場合は、お父さんですよね。

では、どうすればいいのでしょうか?

簡単に言えば、お母さんがやっていることを
お父さんがやればいいだけです。

共感の会話法をやって、共同作業法で
一緒の時間を過ごしてあげる。


それだけで自信は少し回復してきます。

もちろん、家族全員がやってくれたら一番いいです。

難しく考えないで、一緒にゲームやるとか、
テレビを見て笑えばいいだけです。

やってみてくださいね。

そして、次は学校ですよね。学校の準備が
整わないと戻れません。これは学校との
話し合いになります。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?



質問フォームはここをクリック!


不登校相談フォーム




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3527-53dce862

トラックバック

コメント

[C36182] 父親が向き合わなかった

我が家も高校1息子ですが、夏の間
部活でケガしたのがきっかけで不登校になり担任と三回目の面談日に逃げ出してから引きこもり親を避けての生活をつづけ、
何とか通信制へ転学しました。
しかし、その間、父親は何度も声かけ向き合って欲しいとお願いしましたが全く何もせず黙り、しかも息子がリビングに下りて来るようになったら父親が寝室に隠ると言う始末。父親が向き合って話かけてくれたら在籍していた学校を辞めずにいたのかな?と思え残念で仕方ないし前に進んで動いた息子にいまだに、がんばれ‼の一言もなく黙りです。そんな父親で息子が再び不登校にならないか心配です。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ