FC2ブログ

Entries

【不登校】高校選択では「コミュニケーション教育」が重要

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ



青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

不登校の息子がいます。

高校進学に悩んでいます。このままの状態で
普通の学校に行くのは難しいと考えています。

しかし、楽をして通信制へ行ったとして、
何か得られるわけでもなく、先がないと思っています。

自立できる力が必要なんでしょうか?

教えてください。

******************終わり******************************

……

回答:

「自立力」と聞くと、「強さ」だけが強調されて
しまいますが、私はそうは思いません。

ヒョロヒロで見た目が弱くてもいいんです。

学校や社会では、周りに強い人や
融通の利かない人たちと言った、
人間関係の問題などが必ずありますよね。

「ザ・人間関係」です。

これを経験せずに、社会に出れば
どうなるかは容易に想像できます。


特に、日本の場合、能力値だけで社会で
生きていくのは非常に難しいです。どれだけ
勉強が出来ても、優秀でも、人間関係が
出来なければ、途中で潰れてしまいます。

会社に入って1年も経たずに辞めてしまい、
ひきこもりになる若者が後を絶ちません。


日本では「人間関係」がすべてとも言えます。

これらの人間関係について、普通は
中学・高校の教室や部活で学びます。


人間関係と言っても、自分自身が関わらなくとも、
横で見ていて、上手く間に入ってみたり、さっと
かわしてみたりするわけです。

別の言い方では「コミュニケーション力」です。

この力を身に付けることが必須です。

例えば、高校3年間を人と関わらない環境で
過ごすのと、人間関係のを経験して過ごすのは
将来に大きな差となります。


このことを噛みしめてほしいと思います。

ネットの時代で、人間関係は薄くなったから
人と関わらなくていいんだ、と言っている人は
すごく甘いと思います。

テレビなどでも、そのような解説をしている
人がいるようですが、その人たちのほとんどが
コミュニケーション力が高い人たちです。学校にも
通っていた人たちです。

そうでなければ、テレビには出られません。

あまり真に受けない方がいいです。

不登校になる子の多くは、人間関係が苦手です。

「自分は自分だ」と言える強さもないので、
打ち負かされてしまうのです。

では、どうすればコミュニケーション力を
身に付ければいいのか話していきます。

続きは明日です。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?



質問フォームはここをクリック!


不登校相談フォーム




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3418-3ec3f462

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ