FC2ブログ

Entries

【不登校】強いトラウマを抱えてしまった子の改善ステップ

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

娘高校1年です。

性格は真面目で負けず嫌いで
神経質な子でした。

私立の中学に通い成績も優秀で先生方からも
期待と溺愛されておりました。中でも担任の先生は
3年間とても可愛いがってくれておりました。

中学3年の時、娘から他校の私立を受験したいと
希望がありました。それを担任に告げてから180度
担任の態度が変化したのです。

私立から私立なんてそんな甘くない。
内申書を書くことができない。
罵声が激しいとのことで途中から学校行きたくないと
言い出し受験終わるまで休んだ経緯があります。

その後受験終わり卒業し新しい学校に胸を
躍らせはりきっておりました。

6月から始まり中旬辺りから足が学校へ
向かないと急に言い出しました。

もう友達と競い合いをせず自分のペースで勉強したい。
と話し出しました。テストと言ったフレーズでトラウマが
蘇ってきてしまったのです。

母親の私自身もどうしていいかわからない状態です。

******************終わり******************************

……

回答:

学校の中で、どうしようもない状況に
追い込まれてしまうことがあります。


代表的なのが「いじめ」です。

悪い子が学校に居て、ターゲットに
なってしまうと、どうしようもありません。
トラウマも強く残ります。

この子の場合も、先生に対してトラウマを
持ってしまいました。

簡単に言えば、人間不信です。

私の学校にも、学校で何らかのトラブルに
巻き込まれてトラウマを持っている子が
入学、転校してきます。

心に闇を持っている状態なので、心を開きません。

トラウマというのは、抱え続けると
一生引きずるものです。


不登校だった人は結婚率が低いという
話もあります。人間不信が消えないので、
人と関われないのかもしれません。

何とかしてあげなければいけません。

将来、人生に関わる問題です。

私たちの人生には、とんでもないことが
起きます。その中で人間関係を乗り越えれば
大抵の問題はカバーできます。

必要なのは「強い自立力」です。

どれだけ勉強ができても、人間関係は
別の問題です。

なので、強い自立力を持たせる教育が必要です。

まずは、このことを頭に入れてください。

しかし、今の現状で、自立力を強くすることは
できません。

例えるなら、自立力は筋トレみたいなもので、
ダンベルの重さを増やしていくことで強くなります。

今、トラウマを持っている子は骨折状態です。

骨折している子にダンベルは持たせられません。
骨折を治してから、トレーニングを始めなければ
いけませんよね。

そのためには、骨折している子のリハビリ生活が
できる環境が必要なんですね。


人間関係のリハビリです。

これから必要なのは環境選びだと思います。

例えば、不登校の子の多くは自分の惨めな
状態を知っている知り合いのいない環境でないと
リハビリができません。

それで、私のところの学校のように、自分のことを
誰も知らない環境を選んでやってきます。

あるいは、ネットに逃げ込むかですね。

環境は大切なんです。今の学校でどんなリハビリの
出来る環境を作れるかです。作れないなら、別の道を
探さなくてはいけません。


勉強が嫌とかどうかが本質ではありません。

リハビリですから、心の優しい子に囲まれた
環境が必要なんです。そこから、人間不信を
解いていく。

これができるかどうかです。トラウマをここで
取り除いていくんです。

骨折が治ったら、次はトレーニングです。

今までの環境で強い自立力を育てられていない
わけですから、これも強くなる環境が必要です。

やることはたくさんあります。

一番は、環境です。

言葉で子供を説得しようとしても、
何も変わりません。思春期の子はそれでは
変わらないです。


環境に強く影響されるのです。

ぜひ、子供を客観的に見て、骨折した状態から
強くしていくのかを考えてみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?



質問フォームはここをクリック!


不登校相談フォーム




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3402-c9d93e40

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ