FC2ブログ

Entries

【不登校】自立力を育てられない家庭の特徴

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

共感の会話の次の一言について
疑問があります。

仮に、親戚の集まりがありました。

最初は行くと言ったので、子供の分の料理も
用意してもらったとします。ところが、間際になって
子供が行きたくないと言ったとします。

「そうだよね、分かるよ、行きたくないよね。」
と言いました。

次は、「それなら、留守番宜しくね」でしょうか。
「でも、料理も用意してもらったし、少し顔を出して
帰ろうか」でしょうか。

また、別の時は、家庭教師の日でした。子供が、
「今日はやる」というので、日にちを変更して貰わずに
来ていただきました。ただ、子供は布団に入って出てきません。
「先生みえたけどどうする?」

無言です。

「そうだよね、分かるよ。どうしたらいいか
分かんないんだよね」

そして、次はどうなるのでしょうか。

「でも、せっかく先生来てくれたから、少し頑張ろうか」
でしょうか。

「分かんないもんね。それなら今日は先生に
帰って頂こうか」(時給はお支払する前提です)
でしょうか。

共感の会話を伝えたのなら、その後に「でも」
を使うのは良くない気がします。

かといって、自分の発言によって、周りを振り
回してしまうことが良いこととも思えません。

同じようなことが何度もあり、正解を見つけ出せずにいます。
このような親だからこそ、子供は苦しいのだと思います。
どうか、アドバイスを頂けると嬉しいです。

******************終わり******************************

……

回答:

同じような疑問を持っている人も
いると思います。

子供への対応で子供の育ち方は違ってきます。

その代わり、正解もありません。

私は共感できれば、それでいいと思います。
共感せずに、何事も否定するから、子供は
親に存在そのものを否定されたと感じます。


それを回避できれば、良いと思っています。

自立というのは、自己責任でもあります。

例えば、親戚の家に行かないなら、行かなくて
嫌われても、それは自己責任です。

家庭教師の先生に無駄に来てもらって
お金を払わないといけないなら、お金が
なくなるわけですから、自己責任です。

その結果を受け入れればいいんです。

それを教えるのが子育てだと思います。

共感の会話法は、親子関係を崩さないために
必要なものであって、子供が急に自立力を
持って、どんどん動き始めるわけではないです。

今の家庭の子育ては、親は子供に自由を
与えて育てていますから、強制力はないです。


だから、自己責任を教える以外にないです。

普通なら、家庭教師に払った金額分を
小遣いから引けばいいんですよね。

選択した結果を教えるべきです。

もちろん、親が強制的に決めなければ
いけないこともあります。

子供が責任を取れないことについてです。

例えば、不登校で多いのは高校とかの
学校選びです。あまりに人生を左右する
選択ですから、親がやるべきです。

私への相談の中で、一番の失敗の多くは
高校選びを子供に完全に任せたことで、
動かなくなったというものです。


当然と言えば、当然です。

不登校で不安定になり、自暴自棄で
将来のことも考えられない状態の子に
将来を考えた進路選びはできません。

そういう時は、共感の会話法を使い
ながら、親が動かしていくわけです。

自立教育というのを子育ての中で意識を
しておかないと、何でもスムーズに子供を
動かそうと考えてしまいます。

そうではなくて、自己責任を持たせて
体験、経験させればいいんですね。


それが自立力を育てることにもなります。

子供の弱さは家庭教育が原因でもあります。

しっかりやっていきましょう。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?



質問フォームはここをクリック!


不登校相談フォーム




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3389-c327b01e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ