FC2ブログ

Entries

不登校解決の7つのステージを知っていますか?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中1の息子が不登校になって7カ月に
なっています。

とにかく言うことを聞かず、頑固です。

自暴自棄になっているのか、学校には
興味を示すことがなくなっています。

家の中では普通に話せていると思います。

このままでは不安が募るばかりです。
どうすればいいのか最善の方法を知りたいです。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校を解決するときに、大切な事が
あります。


これは不登校だけでなく、どんな問題でも
同じことです。それは、あなたの子どもが
不登校のどの段階、ステージにいるかを
知っておくという事です。

例えば、共感の会話は、親子関係が悪い
ステージにいる人が利用するものです。

特に親子関係が悪くなければ、使う必要は
ありません。自分の子どもがいるステージ
から解決しなければいけません。

各ステージのことを知らずに、各専門家から
話を聞いても、わけがわからなくなります。

まずは子どものステージを考えて下さい。

ある人が不登校全般についてアドバイスした
方法が、あなたの子どもに合うのは偶然です。
私は子どものステージ見て、アドバイスします。

共感をしているのに、何も変わらないのだと
したら、それは次のステージに居る可能性が
高いですよね。次のステージに合った方法を
やらなければいけません。

あるいは、共感が早すぎたのかもしれません。
1つ前のステージに戻るべきかもしれません。

ご相談いただいたお母さんは、このことを
理解されています。賢い方です。

不登校には大きく分けて7つのステージが
あります。


不登校解決の全体像と私は呼んでいます。

【不登校解決の全体像】
ステージ1:不登校の原因を学ぶ
ステージ2:親子関係の改善
ステージ3:朝、普通に起きてくる
ステージ4:登校刺激
ステージ5:別室登校
ステージ6:教室復帰
ステージ7:不登校改善教育

・・・


大きく分けると、このようなステージに
分かれると思います。

例えば、ある相談者はステージ1の段階に
いるんですよね。それなのに、ステージ2を
やろうとしています。

ステージ2は「共感の会話」で子どもと
心を同じにする段階です。


1つ早いんです。

物事が上手くいかない半分は、自分の
やっていることが上のステージでやる
ことばかりです。早すぎるんですね。

もう一度、しっかりと子どものステージが
どこなのかを全体像で確認してください。

それぞれにおいて、やることが決まって
います。メルマガでも詳しく話しています。
ぜひ、確認してください。

不登校の原因は、自分を表現できる
場所が学校にない事です。


我慢の連続です。

繊細な感性を持っているから本を読んだり、
絵を描いたりします。その感性を発揮でき
ないことでストレスに負けたのです。

自分を出せない辛さがあるのです。


子どもは親の顔色をうかがい続けます。

本心なんて出せないです。

ここが分かるかどうかだと思っています。
ジッと自分を隠し続けてきたので、今さら、
どうやって自分を出せばいいのか分からない。

ここに不登校の原因があります。

まずは、小冊子とメルマガを読んでみて、
不登校の原因を学んでみて下さい。

この相談者の場合は、次は別室登校です。

教室へ最初から戻る勇気が出ないので、
別室登校からスタートするべきです。友達に
どう思われているかが一番の不安です。

別室登校の用意をして、登校刺激をして
ください。

登校刺激会話法についても、ブログや
メルマガでも教えているので、参考にして
見てくださいね。

大丈夫ですよ、解決しますからね。

では、また。

青田




追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?



質問フォームはここをクリック!


不登校相談フォーム




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3388-84afdddf

トラックバック

コメント

[C36053] 朝起こす方法を教えてください

1土曜日のメールの感想
病院で処方された薬をむやみに子供に飲ませてはいけないとは思っていますが、精神科や心療内科の薬は本当に恐ろしいと思いました。息子は中学の時に朝起きれなくなった時に内科と小児科に連れて行き、検査をしましたが喘息以外悪いところはないといわれました。疲れているだけだろうと。精神がおかしいとは思いませんが、今まで良い子だった分、思春期と反抗期が強く長引いているとは思ってます。症状的には軽い起立性障害なんだろうとも思ってます。朝起きれないこと、体調不調や日中も目眩がするというので血圧などが低いか、鉄分など栄養が足りないのではと再度病院に連れて行きたくても本人が行きたがらないので、鉄分などのサプリメントを買って飲ませたりもしましたが本人が面倒くさがって飲みません。本人が本当に困っていれば病院に行きたがりますし、サプリメントも飲むと思いますので、本人が困っているのでなく、私と夫が困ってるのだと思ってます。
日曜日のメールの感想
不登校が続くと不安が大きくなる。その通りだと思います。行きづらくなるのは見えてます。なので、1日も早く学校に行かせてあげたいと私達親は思います。ですが、どうにもならないのないのだと思います。最初は無理やり起こして引っ張って車にのせて、学校に送った日もあります。でも、段々に無理やり起こしても引っ張っても、学校に行かないってことがわかるのです。自分たちの仕事や生活もあり、体調も壊して、あきらめたくなくても彼が変わってくれるまであきらめる?待つしかないのかと思うのです。青田先生の本を読んで学校行こうといわず朝起こしてますが、安易に学校に行かなくてよいと息子が思い、不登校を逆に長引かせてしまうのではないかと不安です。

2.具体的に聞きたいこと。
息子が学校行こうが行かないかだろうが、朝は起こします。朝少しでも寝ていたい彼はうるさがりますが、土日など私がいれば9-10時に起きて朝ごはんを食べてゲームをして過ごします。平日私が会社に出社する前に起きないと夫が在宅勤務で家におりますが、夫も仕事があるので、昼過ぎに息子が起きるまで放置してしまうので、起せません。夜私が帰宅して一緒に夕食を食べるとイヤホンをしてYouTubeをみてますが、最近は会話に入ってくることが多くなりましたが学校にいくこととは結びつきません。最初は休むペースが週1-2回が、週5-6日と増え、今回は一週間休んでしまってます。

学校に行った時は部活までしっかりでて疲れていますが明るく帰ってきます。夜はその日どんなに疲れていても12:30までは携帯やiPadをいじってなかなか寝ません。1-2日学校に行って、翌日は起きないか、起きても登校時間に間に合わないとお休みを繰り返します。学校では遅刻や宿題ができていなくても、大丈夫なように話をしてあると担任の先生はいってくれてますが、息子が嫌なのです。

息子の話をきく、一緒にテレビをみたり楽しく過ごすようにする、学校に行こうが行かないが朝は起こす〔体が痛い、疲れたという日は起きませんが〕。朝早くは起きれないので学校に行ける日は夫が車で学校まで往復1時間半をかけて送ってます。午後から授業の時は、一人でも電車とスクールバスで100%いけます。

午後授業の時は学校にいくので、不安な気持ちもあるとは思いますが、登校時間に間に合うように朝起きれないことが息子の一番の問題のように思えるので、どうやったら朝早く起きるようになるのでしょうか?

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ