FC2ブログ

Entries

【不登校】子供が不登校になりました。何も話さない。なぜ?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

休校が終わった6月の最初は
学校へ行けていましたが、先週から
学校を休み始めました。

何も話さないので困っています。

息子の将来が心配です。

******************終わり******************************

……

回答:

「なぜなのかが、わからない!」

その気持ち、よくわかります。

このお母さんのように疑問が多く出てくる
のは、当然なんですね。

急に子どもが学校休んだら、慌ててしまう
のも当たり前。実は、ここからが大切です。
不登校の子自身も慌てているんです。

自分でも何が起きているか分からない。

ただ苦しい。見えない恐怖感が襲って
来ているような感覚なんですよね。まるで、
暗闇の中を彷徨っている状態です。

子どもを助けてあげないといけません。

不登校になるには原因があります。それを
知らないと、間違った対応をしてしまいます。
すべては原因を知ることからです。

お母さんに恐怖心があるのは、不登校の
原因がわかっていないからなんですね。
判断基準がないから決断できないでいるん
ですよね。

子どもも自分が学校を休んでいる理由を
知りません。だから、苦しいんです。

理由が分からないから苦しいのです。

わからないから、聞いても答えられない。

お互いに何もわかっていない状況では、
何をしようにもうまくいきません。

不登校の原因とは何か?

「信じて待っていれば、そのうち学校へ
行ってくれるようになる。」


多くの人がそう思っています。そして、
あなたも、そう思っているかもしれません。

しかし、私は「違う」と断言します。

「不登校は心の問題ではない。」

そして、

「親の子育てが原因でもない。」

これは私が1万以上の不登校家族を見て
来た結論です。どんな真面目で良い親も、
どんなヒドイ親も不登校とは関係ないです。

親の善し悪しと不登校は関係ないんです。

なぜなら、私は不登校の原因を発見した
からです。原因がわかると親の家庭教育と
不登校が関係ないって分かるんです。

「私の子育てが間違っていたかも・・・」

そういう恐怖心があるとしても、当然です。
でも、親のせいではないです。

そして、もう一つ、心が弱いから不登校に
なったというわけでもないんです。自立力
としては他の子たちと変わらないんです。

そして、不登校は「心」の問題でもない。


だから、時間が経過しても不登校のまま
です。心なら時間が傷を癒してくれます。
しかし、心ではないから、待っても学校へ
行きません。

ちなみに、私の話は最初、信じられないと
思います。すでに「心」の問題ではない、
って話した時に、感じているはずです。

世間で一般的に言われている不登校の
考えとは違う話をします。信じられない人は
信じなくてもいいですよ。自分の信じること
をやってください。

でも、信じた方が得な話もあるんです。

それでは以前に原因についてまとめた話を
聞いてください。

=========================
『不登校の真の原因とは?』
=========================


不登校になる「きっかけ」はさまざまです。

例えば、頭痛、腹痛、宿題ができていない、
クラブに遅れた、先生と喧嘩、友達と喧嘩、
からかわれた、イジメ、友達ができない、
朝起きれないなど、です。

でも、これらはすべて「きっかけ」です。

きっかけと原因は違います。

多くの親御さんは「きっかけ=原因」だと
勘違いしてしまっています。


実は、この勘違いが不登校を解決できない
理由です。

例えば、あなたが風邪をひきました。

原因はウィルスですか?

多くの人は、そう考えるようですが、私は
そうは思いません。ウィルスなんてそこら
じゅうにあるわけです。いつも吸い込んで
います。

マスクしても、目とかから入って来ます。

だから、ウィルスが体に入りこんだことは、
きっかけにすぎません。そうではなくて、
本質的な原因は他にあります。

「風邪ぐらいで、何を真剣に言ってる
んですか?」


と、言われそうですが、原因ときっかけの
違いを理解することが、不登校解決に直接
つながるので、もう少しだけ聞いて下さい。

ウィルスが体に入ると、免疫機能によって、
本来は退治されます。

ということは、免疫力の低下が問題です。

さらに、その免疫力が低下した原因が
ストレスだとしたら、ストレスが原因。さらに
そのストレスの原因は何でしょうか?

人間関係?経済的問題?将来不安?

それらがストレスの原因に当たりますよね。

さらに、人間関係が問題なら、その原因を
深く探っていく必要があります。

たかだか風邪の話ですが、深く深く掘って
行けば原因に行き着きます。風邪をよく
ひく人は、真の原因を探していないんです。
薬を飲んで治った気になっているだけ。

不登校も同じで、のきっかけを原因だと
思っているから根本解決できないんです。

あるいは、原因さえも考えない。

風邪は薬で治せても、不登校は薬では
改善できません。だから、深く根本原因に
まで追究していかないといけないんです。

問題の「きっかけ」と根本原因の違いは
わかりましたか?


続きは明日です。

では、また。

青田




追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?



質問フォームはここをクリック!


不登校相談フォーム




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3384-06f3e1f9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ