FC2ブログ

Entries

【不登校】息子に任せていても一人で不登校は抜け出せそうにない。(後半)

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学2年になった息子が不登校で困っています。

学校の分散登校が始まりましたが、
学校へ戻れていません。

起立性調節障害で朝起きられません。

頑固で一点張りなところはありますが
心の優しい子だと思っています。

休み中にいろいろと考えていたんだと
思いますが、結論は出なかったみたいです。

もう何か月も休んでいる状況で、これから
学校へ戻るのは難しいかもしれません。

自由な雰囲気で育ててきたつもりですが
この状況を子供一人で抜け出せるとは
思いません。

彼に任せたままでいいのか、それとも
思い切って環境を変えた方がいいのか
私にはわからないです。

******************終わり******************************

……

回答:

前回の続きです)

これから具体的にどうするのかを
話していきます。

子供というのは何も知らないまま、
周りの環境に合わせて生きています。


自分の意志があるようでありません。

環境に支配されていると言ってもいいです。

例えば、私は教師ですが、親も教師です。
自分の意志があったのではなくて、親が
教師という環境で育ったから、教師になり、
そこに自分の価値を見出したのです。

私の学校の子供たちを見ていてもそうです。

医学部を目指す子の8割は親が医者です。

嫌がるとか好きだとか、そういう感情ではなく
環境の中に合わせて生きているので、そういう
選択肢を子供は選ぶわけです。

ということは、つまり、親が子供に任せると
子供は沿うものがないので、目の前のゲームを
やり続けるしかありません。スマホにのめり込む
ことでしか、生きられないのです。


偶然、自分の感性に合ったものに出合えば
いいですが、その確率は非常に低いです。

今の環境で見つかっていないから、今の状態に
なっているので、おそらく見つからないでしょう。

だから、本当に環境が大切なのです。

これをわかった上で方法を話します。

まずは、起立性調節障害は親の声かけ、
接し方で改善されます。


息子さんなので、父親が息子さんと一緒に
過ごす時間を作っていけばいいです。

共同作業法です。

ゲームをやっているなら、一緒にゲームを
やってください。それだけでいいです。
朝起きるのが早くなっていきます。

そして、朝起きるようになったら、
次は学校に慣れさせるために、日曜日とか
休みだったり、夜でもいいので父親と一緒に
校門まで歩いて行くんです。


それを繰り返して、次は別室登校です。

そういう手順を踏んでみてください。

しかし、今までの環境に戻すだけなので
自立するわけではありません。

自立は、あくまで親から離れて自分自身の
責任で行動する環境が必要です。


考えてやってみてください。

では、また。

青田




追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3348-a906d654

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ