FC2ブログ

Entries

【不登校】心の中にある「学校へ行きたい」気持ちを利用する

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

親と子の関係の構築…
そこでつまずいているのだと思います。

おっしゃる通りです。

学校は、もはや「学校に来なくていい。
今はたくさんの選択肢があるから…」そう言います。
でも、不登校だから、精神的不安があるのだと
私も思います。

子どもの気持ちを受け入れる事と
好き勝手させることの違いが具体的な例で知りたいです。

毎回行きたいから、私に仕事を休んでと子どもが言います。
気持ちをくめば、一緒に行くだけど毎回「お母さん、行けない…」の
繰り返しで2年間です。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子がどうして苦しんでいるかと
言うと、「学校へ行きたいのに、行けない」
からなんですね。

学校へ行きたくないのなら、学校を休めて
大喜びのはずです。

「学校へ行かなくてもいい・・・」

と、大人が言ってしまうと、子供はさらに
落ち込んでしまいます。

なぜなら、行きたい学校へ行かせてもらえないから。
自分には学校へ行く資格がないと言われている
ように感じるわけです。

人間としての価値が下がってしまうので、
精神的にも落ち込みます。

ここがわからないといけません。

「学校へ行きたい」という気持ちこそが
不登校解決の最も大切な部分です。


この気持ちを利用して学校へ戻さないといけません。

次に、子供の気持ちを受け入れること
についてです。

親が仕事に出ていくのは経済的に
仕方がないことだし、社会とのつながりを
親が見せておかないといけません。

親が子供と一緒に引きこもってはいけません。

子供を受け入れるとは、子供の感情に
共感することです。

共感とは、賛成も反対でもない状態です。

「ああ、なるほど、そういうことなんだね。
その気持ち、わかるよ。」

という状態です。

自分自身の意見は何も言っていません。

共感しただけです。

それを受け入れるということです。

共感せずに、親が自分の意見だけを
言っては、子供は自分を否定されたと
感じます。

親が寄り添いすぎることで、子供が
学校に対する期待、気持ちが減ります。

だから、親の寄り添い時間が長いほど
学校へ戻れなくなる子が多いです。

ぜひ、参考にしてみてください。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3343-27267bfd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ