FC2ブログ

Entries

【不登校】友達がいない子は学校へ戻れない?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中2の次女が今年から不登校が続いています。
コロナ休校の間も一人で家で過ごしています。

ワガママなところがあって、プライドも高いので
私の言うことは聞きません。

しかし、小学校の頃から友達が少なく、休みも
家で一人で過ごすことが多かったです。今回も
先生からクラスで友達がいなく、学校へ来るのが
辛いのかもしれないと話がありました。

先生がお話しくださっているように、
友達がいない子に学校へ戻るように言うのは
おかしいと感じています。

どうすればこの子を救えるでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

お母さんはしっかりと娘さんの
現状把握をしてくれています。

しかし、一番の問題は友達がいないことです。

学校側も、この事実を知っていたうえで
特に対応しなかったようです。これは
問題です。

友達問題が解決しなければ、学校へは
戻れないでしょう。

戻ったとしても、友達がいないと、
再び不登校になってしまうでしょう。

さらには、その後の人生でも友達がいない
寂しい毎日を過ごすことになるかもしれません。
この根本問題を解決しなければいけません。

友達がいないというのは、
本当にさびしいことです。

子供の将来を決めるのが学校時代です。

それなのに、不登校に関わらず、
学校で子供に友達がいない状態を
放置している親御さんがいます。

わかっているのに、何もしない。

これでは、子育てとは言えません。

ほとんどの子は、自信がない、
オドオドしています。

弱く、自立力がないのです。

それを何となくわかっているけれども、
学校任せにしている人がいます。

残念ですが、その人は学校教育というのを
間違った認識でとらえています。あなたが
子供で学生だったときの学校と、今の学校は
全く違います。

親が子供時代の学校は、厳しい規則に
従わさせる形が非常に強かったです。

それが改善したのが今の子どもたちの学校です。

1つだけ昔の学校の効用だったのは、
学校の先生が厳しかったから子供同士の
結びつきが強かったのです。

怖い先生から自分を守るのに、
友達作りが不可欠でした。忍耐を含めた
強さも見に付きました。

しかし、今の学校の多くは子供が強くなるための
環境が消えてなくなりました。

そのことに気が付いていない親が多すぎます。

自分が受けた学校教育と同じだと思っています。
それではいけないのです。

ということは、つまり、学校に通っている
だけでは、弱い性格の子は弱いままで、
自立力も育たず、友達もできないのです。

それが今の学校教育の現実なのです。

それでは、続きは明日です。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3341-58af2ab7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ