FC2ブログ

Entries

【不登校】友達がいない子は学校へ戻れない?(後半)

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中2の次女が今年から不登校が続いています。
コロナ休校の間も一人で家で過ごしています。

ワガママなところがあって、プライドも高いので
私の言うことは聞きません。

しかし、小学校の頃から友達が少なく、休みも
家で一人で過ごすことが多かったです。今回も
先生からクラスで友達がいなく、学校へ来るのが
辛いのかもしれないと話がありました。

先生がお話しくださっているように、
友達がいない子に学校へ戻るように言うのは
おかしいと感じています。

どうすればこの子を救えるでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

前回の続きです。)

学校で強さだったり、一歩前へ出る忍耐力を
身に付けることはとても難しくなりました。

クラブ活動も質が変わっています。

だから、クラブ活動をやっていても
昔のような強さは身につきません。


つまり、自立力や強さの教育は学校から
家庭教育へ移行したのです。こういう
簡単な事実を知ってください。

しかし、今の家庭は共働きを含めて
忙しく、子供を十分に教育できる余裕は
ありません。

そう感じているはずです。

そのため、私のような寮生活で育てる学校が
都会で忙しく働くご家庭から選ばれるように
なってきています。

ここ数年で東京など首都圏から入学者が多く、
全校生徒の4割近くが首都圏出身者です。

学校教育の変化と社会状況の変化が
起きているのです。


では、どうすればいいのでしょうか?

自立力を家庭で身につけさせる方法は
私は1つだけだと思っています。

子供に親から離れて自分一人で何かを
やり続ける新しい環境を与えることです。


つまり、家庭環境では教えられないと
いうことです。

あなた自身が本当に強くなった時とは
どんな時でしたか?よーく考えてください。
家の中にいた時ですか?


違うはずです。

家から離れ、親から離れて、
自分一人で何かをやった時のはずです。

そう考えた時に、あなたの家庭では
どんな形で自立できる環境を与えるかを
考えてください。

親が自立した考えを持たなければ、
子供を自立させることはできません。


具体的な方法を知る前に、親自身の
自立した考え、態度が必要なのです。

子供に友達を作るためには、親が自立して、
子供が自立して、強くなっていく過程が
大切になります。

大きな社会の変化が子供やあなたに
起きているのを分かってください。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3340-701a0c90

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ