FC2ブログ

Entries

【不登校】なぜ学校を休むのか?真の原因とは?(後半)

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓




青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

先月から、急に学校へ行かないと
娘が言って、1週間休んでいます。
とても困っています。

何からどうすればいいのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

前回の続きです)

不登校は「思春期の感性変化」が
原因です。


意味が分からないと思います。最後まで
聞けばわかってくるので安心してください。

不登校は怠け。

不登校は学校が嫌い。

親が甘やかしたんだ。

・・・


世間ではそう思われていますが、実際は
違います。

不登校は「思春期に起きる感性変化」が
原因で起きる問題です。

思春期とは、子どもが大人へと変化する
時期です。外見的には身長が急激に
伸びたり、ヒゲが生えたりと、性別に
合わせた体つきに変化しますよね。

当然、遺伝子DNAに書かれた計画通りの
外見です。

思春期は、中学2年生と言われています。

実は、この思春期には体型などの
変化だけでなく、内面の感性の変化も
起きます。ここが大切です。


あなたはすでに何十年も前のことだから、
覚えていないかもしれません。

しかし、中学や高校生の時に明らかに
違和感を覚える時期があるんですね。

それが内面の感性が変化した時です。

内面の感性とは、才能や能力のことでも
あります。簡単に言えば、感じ方です。
これが変わるんです。

例えば、花を見てどう思いますか?

これはその人の感性によって違います。
花を見て何にも感じない人もいれば、
感動して涙を流す人もいます。絵に残す
人もいます。文章で表現する人もいます。

これらは内面の感性の違いなんですね。

思春期には内面も大きく変化します。

不登校になる子は、この内面の感性が
思春期に大きく変化してしまうんです。

例えば、今まで野球少年で活発だった子が
急に、絵画に興味を抱く。そんな変化が
思春期には起きてしまうんです。

わかるでしょうか?

わからなくても、そうなんです。

子どもは、親のあなたや周りに合わせて
生きてきました。しかし、思春期になって
自分本来の感性が出現してきました。

今までの自分の習慣行動と出現
した新しい感性の違いが大きければ、
すごく大変ですよね。


先ほどの例で、野球部に居た子が感性が
変化して、美術に興味が出てきた。でも、
野球部をやめて美術部に転部できる子は
いません。周りも許しませんよね。

そうすると、子どもはストレスを感じます。
感性に合わない環境に居るわけですから。

そして、そのストレスが限界に達した時に
さまざまな「きっかけ」によって不登校に
なるんです。

わかりますか?

不登校になる子は、感性の変化が
大きい子です。


これが私が発見した不登校の原因です。
多くの専門家も、このことには気が付か
ないで、ずっと表面上の「きっかけ」を対処
することにだけ時間を費やしています。

感性は目に見えません。

だから、子ども自身も自分に何が起きたか
よくわかっていないんです。感性と言っても、
どんな感性なのかはわかりません。

それを探すのために、今度は学校へ行く
のです。不登校教育とは、子ども本来の
感性を探す旅です。

不登校の子は、親とも今の学校の環境
とも違う感性が出てきてしまったんですね。
だから、周りに合わないんです。合わない
からストレスになる。限界が不登校です。


このことを知ってほしいです。

怠けでも、親の教育が悪かったからでも
ありません。

どれだけ叱って、怒鳴って動かそうとしても、
ほとんど効果はありません。

純粋に、生まれ持った感性が出てきたから
起きた現象なんです。不登校の理解は、
ここからスタートします。

そして、理解しようとすれば解決への道を
進むことになります。それでは、これから、
私とお子様の不登校を解決しましょう!

まずは、不登校の原因をしっかりと小冊子
やメルマガで学んで下さい。

世間や周りの「親の教育が悪いんだ。」と
いう視線に負けてはいけませんよ。私は
ずっとこれからあなたを応援し続けます。

安心して下さいね。

この子らしさはどこにあるのか?


それを育ててあげるのが子育てです。

「あなたは他の人より、これに才能が
あるから、そっちを向いて生きると
いいかもね。」


って、親が言えないといけないですね。

そのための子育てなんです。

ぜひ、子どもの感性に合う活動を学校で
作ってあげてみて下さい。

学校の環境と子どもが合わなくなったことが
最大の原因です。共感の会話で親子関係を
良好に保ちながら、学校と相談して下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブロ
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3263-8c27d2d0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ