FC2ブログ

Entries

【不登校】進学校から通信制高校へ転校したのに、上手くいかない3つの理由

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高1女子。

偏差値の高い進学校でストレスが溜まり
学校へいけなくなりました。

真面目で遅刻が許せない性格のため通信制へ
転学しましたが、起きれないため不登校が
続いています。

毎朝起こすことが子供のころからストレスです。
不登校から昼夜逆転に近い日々になり夜は
元気でテンションも高いですがスマホやゲームに
逃げています。家族で外出しても楽しそうにしています。

夜は学校へ行くつもりで準備をしていますが
朝になると別人になり、狂暴的になり起こしても
暴れるほど拒否します。毎朝の格闘に心が折れそうです。

朝起こすことがプレッシャーになっているのなら
どうしたらいいでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

朝起こしても、学校へ行くかは別の話です。

学校に問題がなければ、不登校の子は
朝起きて学校へ行きます。

しかし、学校に問題があれば、朝起きても
行きません。この子は、そのケースだと
思います。

親が勘違いしているのは、学校に問題が
何もない前提で朝起こそうとすることです。
子供が気合いで、根性で行けばいい、と
考えてしまいます。


それは不登校の事が何も分かっていない
状態と同じです。

不登校の子にとっての壁が何かを理解して
おかなければ、対応を間違ってしまいます。


お母さんのやっているのは、学校が変わった
だけで、以前と同じことを繰り返しています。

親には強く出るのだから、強さはあるんです。

でも、それを学校や社会で出せないだけです。

今の学校がどういう形態で、どんな教育を
するのかわかりませんが、ストレスに負けて
しまうのですから、自立力を育てなければ
いけませんよね。


それでは、少し根本のところから話します。

不登校になぜ、なるのですか?

学校と子供が合わないからですよね。
合っていれば、学校へ行きます。

合わないからストレスが起きている。

ここが1番目の問題点です。

不登校の子は、他の子たちと違って、
合わない度合いが大きいです。これは
生まれ持った豊かで繊細な感性が
影響しています。

ここで、子供に強い自立力があれば
ストレスに勝つことができます。

あなたも学生時代、学校が合わないと
感じたこともあったけど、乗り越えてきたと
思います。それは自立力で乗り越えたのです。

しかし、不登校の子には、ストレスに
勝つだけの自立力が足りていません。


ここが2番目の問題点です。

それで、学校へ行かず、朝起きないと
親が怒る。

すると、親子間の意志疎通がうまくいかず
子供は不登校の罪悪感に加えて、孤立感が
増すので、精神的に不安定になる。


3つ目の問題点です。

この3つの問題点を解決することが
不登校解決なんですね。

具体的にどうやって解決していくかを
明日話します。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3220-7de7d49e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ