FC2ブログ

Entries

【不登校】親自身も家庭環境を変える必要がある。

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

現在、中3女子、学校に行かなくなってから
9ヶ月がたちます。

生活リズムが不規則で昼夜逆転、
時には24時間以上起きていて、
20時間近く寝たりしていています。

これから元どおりの生活にどう戻して
いったらいいかわかりません。
起きている間はテレビを見たり、
携帯を触ったりしています。

今後、高校や通信制などに
通えるようになって欲しいです。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子はみんなが昼夜逆転を
していたり、朝起きられないわけでは
ありません。


まず、このことを知ってほしいです。

何か学校でトラブルがあったとしても
朝起きないのも、生活リズムが乱れて
しまうのも、家の中の話です。

家庭環境の話です。

だから、高校へ行っても家庭環境は
変わらないので、同じ状況が続きます。
学校へ行けないから通信制にすれば、
もっと家から出なくなります。

例えば、虫歯になる人は、虫歯になる
生活習慣を持っています。


どれだけ歯医者に通っても、生活習慣を
変えないと、何度でも虫歯になって
しまいます。

生活習慣は、環境が作り出すものです。

子供が勝手にそうなっているわけでは
ありません。


この理解が私たち親には必要です。

ということは、つまり、
私たち自身が作り上げている家庭環境で
子供は今の状態になっているのです。

簡単に考えた時、親が色々と言うことで
逆効果のように、子供の状態が悪化します。

例えば、

「ゲームなんかしないで、寝なさい。
学校に行っていないんだから。」


と、言ったりしていませんか?

最後の一言が余分なんです。

子供が親を嫌がる環境が徐々に作られて
しまって、子供の生活リズムが狂い始めて
行くのです。

あなたの言葉、あなたの存在が
家庭環境を作っています。

それを理解することが大切です。

今学期に私の中学校へ転校してきた
お母さんが話してくれました。

「子供が寮生活を始めて、家から
出たことで、私の考え方が変わりました。

一緒に住んでいると、つい、余計なひと言を
言ってしまって、喧嘩になったりしていましたが、
離れて暮らして環境が変わると落ち着きました。」

このように、親自身も環境を変えることで、
自分が落ち着く場合もあります。

親が変われば、子も変わりますね。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3145-27d8cd89

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ