FC2ブログ

Entries

【不登校】高校でも不登校。何をどうすればいいの?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

起立性調節障害で高校受験を乗り越えたものの、
入学後から登校困難で2学期からほぼいけなくなった。
おとなしく前に出ない。自分のことをあまり話さない。

起立性の症状で起きづらくだるくてしんどいことと
気持ちのつらさ両方で学校に行くことはもちろん、
毎日の生活が逃避気味。スマホ、マンガなどで
ほぼ過ごし、次への思考が及んでいない感じ。

今後、どういう風に進んでいっても構わない。
自分の生活を決断し、元気になって、人と会って、
楽しく過ごして欲しい。

自分で決断できるようになって欲しい

******************終わり******************************

……

回答:

この待つ姿勢が一番やってはいけないこと
になります。

今までの教育の結果として、今の状態に
なっているのですから、何もせずに、待っても
良い結果になるはずがありません。


私は何人も、この状態からひきこもりへ
発展している人を知っています。

ひきこもりになる子のうち、半分近くは
親の諦めが原因だと思っています。


不登校になっているということは、
自立力が足りない。自立力の教育が
不十分だということです。


その子に、自分でどうにかしてほしいと
言ったところで、どうしようもありません。

ここがわかるかどうかなんです。

教育、子育てで子供に対して自立力を
持たせていかないといけないのです。

残念ですが、この視点なしに高校受験を
しています。起立性調節障害だって、
病気ではなく、ストレスの結果です。

自立力がないので、周りのストレスに
勝つことができず、負けて、朝起きられなく
なってしまったわけです。


これから、ゼロから子育ての方法や
教育環境を考え直さないといけません。

学校以上に、家庭環境の変化が必要です。

考え方を変えなければ、解決策を
どれだけ示しても、変わりません。

子供は教育で変わるんだってことを
忘れないでください。何もしなければ、
子供は変わらないのです。


では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3137-f3fc3e9d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ