FC2ブログ

Entries

【不登校】環境を変えてあげると子供は、変われる。

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中2の息子が不登校です。

休み始めてから生活も荒れ始め、
ゲームばかりで夜も遅くまで起きて
います。

これでは困るのですが、私も夫も
朝は早くに出て仕事に行くため
どうすることもできません。

環境を変える必要があるでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

環境を変えることで不登校の子たちが
大きく変わってくれています。


本当に変わります。

今月も、私の学校へ転校して来た子たちが
います。起立性調節障害と診断されたり、
ゲーム依存気味だったり、昼夜逆転を
している子たちでした。


転校した翌朝、普通に起きてきました。

ゲームではなく、友達と遊んでいます。

環境を変えるだけで、子どもの意識や
生活習慣が変わっていきます。

これは当たり前と言えば当たり前です。

例えば、英会話で考えましょう。


あなたが英会話教室に通います。
英語が話せるようになるでしょうか?


ほとんど、なりませんよね。

私も中高大と英語を学びました。
10年ですね。でも、英語は話せません。
理由は簡単です。

英会話教室で外国人の先生と話しても、
一歩、教室の外へ出たら周りはすべて
日本語です。

友達からのLineも日本語。

テレビも日本語。

電車の中も日本語。


これでは、英語が話せるようにはなりません。

でも、学校の成績が悪かった人でも
環境が変わって、アメリカに住まなければ
いけなくなったとします。

そうなれば、英語を使わないといけないので
自然に英語力が向上していきます。

本人の意識がどれだけ変えられたとしても
日本語に囲まれた環境では英語力向上に
限界がありますよね。


逆に、目に入るものすべてが英語の環境に
変わったら、物理的に環境をかえることが
できたら、誰でも変わります。

不登校の子も同じです。

環境が変われば、子どもが変わるんですね。

しかし、実際は、学校を変えても、不登校が
続く子がほとんどです。

環境を変えているようで、変わっていません。

中学で不登校になって、高校で新しい環境に
なったとしても、英会話教室が変わったのと
同じで、それ以外の環境は何も変わっていません。

「学校 ― 街 ― 家」

この環境の中に子どもはいます。

学校だけを変えても、「街 - 家」は
変わっていませんよね。

これでは環境を変えたことにはなりません。

すべてを変えないと、子どもは変わりません。

よく、田舎に住んでいた子が東京に引っ越して
考え方、髪型、服装が変わってしまう子がいます。
家から東京に通っていては変わりません。

すべてを変えれば、子どもは変わります。

不登校に3カ月以上なっている子というのは、
学校に居場所がないだけでなく、子ども自身の
考え方そのものが「不登校意識」に染まっています。


そして、不登校が当たり前という生活習慣が
身についてしまうのです。

「規則正しい生活リズム」が大切なのは
知っていると思います。

これは、生活習慣を変えるということです。

この生活習慣を変える方法も、環境さえ
変えてしまえば、簡単に変わっていきます。
不登校の子の大半は環境さえ変えれば
解決してしまいます。本当にそう思います。


「英語学びたいけど、どうしたらいいですか?」

と、聞かれたら、「アメリカに住みなさい。」
一番のまともな回答だと思います。

「いや、留学せずに英語をマスターしたいんです。」


と、言う人もいるでしょうが、「それは無理です。」
言われて、終わるのが普通だと思います。

「不登校解決したいけど、どうしたらいいですか?」

と、聞かれたら、「環境を変えなさい。」
一番の答えだと思います。

私たちでも、大学や社会人になった時に、
実家から離れて違う街で住んだはずです。

そして、大きな成長をしたと思います。

それは、環境が変わり、生活習慣が変わったから
あなた自身が成長したのです。環境が変わらないと
人間の多くは変わりません。

私もそうです。

環境を変えると、生活習慣が変わり、
子どもの意識が変わります。


多くの不登校を長期化させている親御さんたちは
子どもの意識を「話」と「説得」で変えようとします。
それは無理な話です。

人は生活習慣が変わらなければ、
意識を変えません。


本当に、このことが分かった人から
子どもの環境を変えることにシフトしています。
私の学校へ来られる方の多くが、このことを
分かっています。

ぜひ、環境をどうやって変えるべきなのかを
考えてみてください。

不登校になって1、2カ月なら、まだいいと
思いますが、3カ月以上の長期化をしているなら、
環境を変えることにシフトするといいですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3122-3b0618b6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ