FC2ブログ

Entries

【不登校】新学年まで待ってはいけない理由の1つとは?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

不登校になるから精神を壊す、病気になる。
本当にそうだと思います。

娘は7月から登校できていません。

クラスに入るのは絶対に嫌だといってます。
今は相談室にタッチ登校、週一回は給食を
食べるようにしてます。

少しずつ給食を食べる日を増やしていくつもりです。

最終的に毎日朝から相談室に行き給食を
食べるようにして、2年のクラス替えから
教室登校へと娘も考えていますが、長すぎますか?

相談室で教室にいるように朝からお昼過ぎまで
過ごせれば、2年から教室に入れれば、
登校できるかな‥というのは甘いですか?

******************終わり******************************

……

回答:

戻れるかどうかは、一番は友達関係が
維持できているかです。


思春期の子供、特に中学生というのは
友達関係が中1~中2にかけて大きく
変わることがあります。

例えば、小学校の頃の友達がいます。

中学進学も友達と一緒です。しかし、
部活では友達と別れてしまいました。

すると、部活の時間が忙しくなって、
休みの日も部活がある。

小学校の友達と接する時間が少なくなり、
部活で出会った仲間と仲良くなっていき、
新しい友達グループが出来上がります。

こんな経験はあるはずです。

今、友達だと思っている相手の子にしたら、
自分の友達がいないので、別の友達グループへ
行かざる得ないケースもあります。


そういうリスクが長期化には伴います。

不登校で学校へ戻れない子の多くは、
友達関係の問題があります。

それは休めば休むだけ、学校の中で
「なぜ、あいつは学校へ来ないんだ?
一人だけズル休みしやがって。」と
言われてしまいます。


このような状況を回避しないといけません。

もちろん、良好な関係で、優しい友達なら
2年からでも行けるかもしれません。

不登校は、不登校の子だけを見てしまい
がちなのですが、クラスメイトや友達の子の
立場になって考えないと解決はできません。


私自身は、クラスが変わったことぐらいで
不登校の問題は解決しないと思っています。

もちろん、クラス替えは私も頻繁にやっています。

ツールとしては重要ですが、根本解決は
できません。

そのことを理解しながら、お子様の人間関係を
考えながら対応してほしいと思います。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3119-ef080934

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ