FC2ブログ

Entries

【不登校】クラスメイトの嫌がらせ、仲間ハズレの場合、どうすればいいの?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学一年の女の子です。
7月から一度も学校に行ってません。

クラスに仲の良いお友達がいなくて
なかなか馴染めなかったところに、
クラスの中心的なグループの女子に
あからさまではないですが、
仲間ハズレにされ、行けなくなりました。

今は相談室にタッチ登校、週一回は2~3時間滞在、
今日初めて相談室で給食を食べました。これらについて
「ママにやらされてる」と言ってます。

試しに2週間何も言わずに任せてみたら
どこにも行きませんでした。

私からの提案を嫌がりながら受け入れていますが、
自分の意思ではないので意味がないのか?

最終的に2年になってクラス替えをしたらいけるかもと
本人は思っているようですが、2年までの間あと半年も
この状態でいいのか?

******************終わり******************************

……

回答:

このお母さんがやってくれているように
子供を放っておいて、子供に任せると、
子供は何もしません。


休み続けます。

だから、必ず大人の私たちが動かさないと
いけません。


まして、人間関係でのトラブルで不登校に
なっている場合、そう簡単には戻ることは
できません。

相手の子が学校にいるからです。
障壁が消えていないので、戻れません。


不登校の子の対応で大切なことは、
3つあるんですよね。

1つ目は、家庭環境です。親子関係も
そうですし、子育て方針も大切です。

見直さなければいけません。

2つ目は、お母さんがやってくれているように
家から出すことです。家の中でずっと居れば
動かなくなります。

ひきこもりを回避するためには、週1回でも
学校へ行かせるのは大切なことです。

3つ目は、学校環境づくりです。

自分らしさを出せない子は、出せるような
活動環境づくりが必要です。

この子のように人間関係のトラブルが
合った場合、安心安全の環境づくりが
必要ですよね。

この3つをやらなければいけません。

例えば、嫌がらせなどの不登校の子の場合、
加害生徒とクラスが変わっても、行けない子が
多いです。

クラスが変わっても、隣のクラスにいるわけ
ですから、休み時間になれば、トイレに行けば
出会ってしまいます。


また、不登校になるのです。

私たち親が考えなければいけないことがあります。
冷静に考えなければいけません。

それは、なぜ、自分の子が標的になったかです。

残念ながら、現実的に、悪さをする子というのは
少なからず世の中にはいます。

隣町の中学校にいもいるでしょう。

進学した高校にもいるでしょう。

就職した会社にもいるでしょう。

残念なことに、小学校の教員にまで
なって、同僚からいじめられたニュースが
ありました。

場所は関係ないのです。

私たち親に出来るのは、いじめるような子に
ならない、そして、いじめられない子にさせない
ようにすることです。


この子の家庭教育で大切なことは、
次にいじめられないような強い子にして
あげるということです。


この点に関して、誰も何もやっていません。

昔、ボクシングの世界チャンピオンで、
小学校にいじめられて、強くなりたいから
ボクシングを始めた人がいました。

ボクシングをやる必要はないですが、
強さを身につけさせなければいけません。

それがこれからやるべきことだと思います。

その視点が抜けていると、子供を学校へ
行かせることばかりに集中して、子供は
自分が弱いのを分かっているから不安で
仕方なくなるんです。

もう一度、これから子育てで何を子供に
教え、育てていかなければいけないかを
考えてみてください。

先月、私の学校へ来た女の子もクラスメイト
たちから嫌がらせを受けていました。

「あの学校からは逃げたい。」と最初は
言っていたのですが、転校した日には
別のことを言っていました。

「私はここで強くなって、見返してやります。」

この時点で、私はまだ何も教育していません。
環境を変え、自分を前へ進ませようとするだけで
子供は強くなるものです。

ご両親の意志がこの子を強くしたのです。

小さなことかもしれませんが、この子を
強くするんだって、親が思うことです。
それが最初のような気がします。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3115-84f01f37

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ