FC2ブログ

Entries

【不登校】すべてを拒否する中2の娘。何が学校であった?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中2の女子です。

私も夫も最初、不登校を受け入れられず、
大分、間違った対応でした。

徐々にですが、学びを通して対応を改善し、
中1の途中辺りから、夫も娘と楽しく過ごす
時間も考えるようになりました。

現在、昼夜逆転を治しても続かず、
スマホはイヤホンをしてほとんど一日中見てます。

今月、職業体験があり、参加する話もしていたのですが、
行かなくていいと言い出しました。

人との関わりを持たせたいと思い、適応指導教室や
フリースクールを勧めています。最近、なぜ学校に
行かないのか?と尋ねると、新しいクラスになったが、
話しかけてくる人がいない、自分からは話しかけられない、
授業は当たり前のことで面白くないとのことです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

******************終わり******************************

……

回答:

親のやるべきことと、子供に対して
やるべきことは少し違ってきます。

登校刺激と言っても、その前に親は
様々なことをやっておかないといけません。
事前に環境整備をやったうえで、
登校刺激しないといけません。


具体的には、例えば、この子の場合、
クラスに友達がいないんですよね。

これって、すごく大変なことです。

これを何も変えずに、登校刺激をして、
子供はどう思うでしょうか?

「学校で孤立しに行け!って、
親は言うのか?」


と感じるはずです。

当然ですよね、今学校へ戻っても
友達も誰もいないんですから、戻る
理由が何もありません。

「友達を作るプラン」
「遅れた勉強を取り戻すプラン」


最低でもこの2つぐらいのプランを
作っておいてから、登校刺激をやって
ください。

当たり前だと思いませんか?

登校刺激は、ある意味、強制的な行為です。
不安の壁を親が背中を押して乗り越え
させる行為ですよね。

不安の壁を低くしないと、どれだけ
登校刺激をしても、子供は乗り越えません。

だから、2つのプランを実行できる環境を
用意してあげて、子供の不安を低くして
あげるのです。

そうすることで、子供は学校へ向かいます。

これも、子供の状況によってプランは違います。

3カ月以上学校を休んでいる子と、不登校に
なって間もない子では違いますよね。間もない
子供に勉強プランは、ほとんど必要ないです。


これだけでも難しいんです。

この子も話しているように、

「学校が面白くない」

ということに、私たちは対応しないといけません。

本当に面白くないのだから、この子が
面白いと感じる環境にしてあげないと
戻ることもないし、戻っても、再び不登校に
なってしまいます。

今の環境で不登校になっているわけだから
環境を変えないと、改善できません。

この子の場合、人間関係も変えて、
学校での活動も変えないといけませんから
環境を大きく変えないといけません。

不登校を学校に戻せば、それで終わりぐらいに
考えているとしたら、甘いです。

もっと根が深いです。

「環境はどうやって変えたら良いですか?」

という質問を受けます。

それを学校の先生と一緒に作り上げないと
いけません。家庭環境も学校環境も、子供の
個性もすべて違うわけで、それらをマッチさせて
いくのだから、1つだけの正解はないんです。


学校の協力がなければ、当然、学校環境は
変えられません。

実際、それで私の学校へ転校してくる子も
たくさんいます。転校も環境を変える方法の
1つです。

学校環境だけでなく、家庭環境も変えないと
いけません。ゲームやネットに逃げているのも
親子関係であったり、生活習慣が固定化して
いることが原因です。


それも変えないといけませんよね。

そして、何よりも、この子自身が自分らしさを
出せる活動、個性を出せる活動を用意できるか
どうかです。

不登校というのは、私は子育ての大きな
転機だと思います。

今までの子育ての環境、方法ではこの子が
満足できない、自分らしさを出せないという
サインです。

これに対応せず、子供任せで自由にさせて
いると、子供は家の中に引きこもって動かない。

そうなってしまっている子がたくさんいます。

そうならないように、環境をガラっと変えて
しまう気持ちで取り組んでみてください。

では、また。

青田



追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3089-c6f44736

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ