FC2ブログ

Entries

【不登校】通信制高校へ入学後、退学、再入学後も不登校・・・

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

通信高校に去年入学したが活けなくなり退学し、
今年、別の通信に入学したかも1回しか行けず、
引きこもり、不登校になってる状態で、話しかけても
返事なく作ったごはんも食べていない状態です。

どう接していったらよいのか、どう声かけしていったら
良いのかアドレスよろしくお願いいたします。

******************終わり******************************

……

回答:

同じような相談がたくさん届いています。

通信制高校へ入学して、続かず辞めて
しまったという相談です。


これは何度も話しているのですが、
通信制の高校というのは、元々、仕事を
やっている人向けの高校システムです。

今なら、10代の個人スポーツ選手や芸能・
タレントの子たちが通信制に入っています。

全日制高校だと練習や仕事時間が夕方
からしか取れないので、朝から動けるために
通信制高校はすごく有益だと思います。

あとは、仕事をしている子です。

昔は夜間定時制というのがありましたが、
今は少なくなっているので、より簡易的な
通信制の方が良いという場合もあります。

どちらにせよ、目的がしっかりしていることが
共通点だと思います。


目的も何もない、したいことがない場合、
続かせるのは難しいのは当然です。

だから、学校でどんな活動をさせるかが
大切だと、私は考えています。通信制は
そういう学校ではない場合が多いので、
親自身がどんな活動をさせようと考えて
いるかが非常に大切になります。

もし、通信制は楽だから、子どもが
言っている、望んでいるから行かせたと
したら、何かが間違っているかもしれません。

子どもを育てる、という観点が欠けています。

様々なことに触れる環境に子どもを入れて、
そこで何かやりたいことを見つかるように
刺激をするのならわかります。

何も触れることがないような環境に子どもを
入れているとしたら、子どもは刺激がないので
その環境から出ようとします。


それがいま起きていることだと思います。

全日制高校だと周りの友達やクラブ、
学校行事などで刺激がたくさんあります。

通信制は難しいですから、アルバイトなど
仕事を通じて刺激を与える方法があると
考えています。

そうしないとゲームの刺激へ逃げて行きます。

通信制を選んだのですから、通信制の
システム、利点を上手に利用しながら
お子さんへ刺激を与えてください。


環境が子どもを変えてくれますからね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3069-4cb683db

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ