FC2ブログ

Entries

【不登校】学校との話し合いについて

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学1年の夏休み明けから
息子が不登校となり、1年が
経とうとしています。

今日のメール響きました。

思い当たるところが多少あります。

もっと言いたいのに言えず、最終的に
溜まっていた思いが爆発して、大げんかに
なることもあります。

1年生の時は学校の敷地内はもちろん、
先生に会うことも拒んでいました。

でも、今年になって、始業式、週に一度ある
カウンセリングや転部した部活に少々、書類を
担任にもらいに行く程度の登校はでき始めています。

でも、少しやれていた勉強には今、全く手をつけていません。

******************終わり******************************

……

回答:

勉強をしていないのは、仕方がないです。

だから、私たちがやるべきなのは、
学校へ戻った時に遅れた勉強の補習プランを
用意しておかなければいけません。


当然だと思いませんか?

子どもが一人で勉強できるなら、
成績トップだと思います。

そうでないなら、私たちが勉強の遅れを
サポートしてあげないといけません。
その補習プランを学校の先生と立てて
いますか?


子どもにしたら、勉強を一人でやるのは
難しいですし、モチベーションも保てません。

勉強ができない子、やらない子の多くは、
勉強のやり方を知らなかったり、手順を
間違っている場合がほとんどです。

だから、大人が正しい方向へ導いて
指導してあげないといけません。

何か子ども任せにして待っていませんか?

それで解決するなら、放っておけばいいと
思います。

私は何千人も不登校の子を見てきて、
1人で全部やった子は見たことがないです。

不登校の子が勉強に不安があるのは
当然です。だから、それをサポートしましょう。


友達関係に不安があるのも、当然です。

それらをどうやってサポートするのかを
学校の先生としっかり相談して決めておく
必要がありますよね。

これは最低限の復帰に向けた対応です。

もちろん、学校によっては不登校のために
補習はしてくれないところもあります。

そういう子たちが私の学校へも転校に来ています。

現実問題として、やるべきことをやって、
その次に、やらないといけないことをやる。
その連続です。

不登校で一番間違うのが「待つこと」です。


子どもが動くのを待ち続けて、引きこもりに
発展させて、家族が身動きとれなくなります。


今、NHKでは「ひきこもり」に関する番組が
毎週のように流れています。

非常に難しい問題ですが、共通しているのは
本人では動けないということです。周りが
サポートして、動ける環境を動かさない限りは
解決しません。

あとは、個別の状況に合わせた対応です。

本人が動くのを待って、何年も引きこもり続け、
最悪の事態になっています。

問題が分かっているのですから、
それをしっかりと解決するように動きましょう。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3064-2ce1f1e1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ