FC2ブログ

Entries

【不登校】小学6年生。別室登校もできない。この夏どうしたらいいの?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

小学校6年生の男子です。

5年生3学期の途中から学校に行けなくなり、
現在不登校です。

父親としては、友達ともよく遊び、
コミュニケーション能力のある子どもと
思っていました。

家ではおちゃらけても、外では静かなタイプです。
真面目で回りのことを考えすぎる性格のようで、
それが不登校にもつながっているように思います。
気を使いすぎて、親にも本音が言えてないような
感じもします。

現在、昼夜逆転することもなく、午前中は
宿題や勉強をし、午後はテレビ、動画など
見ているようです。

今は、長く休みすぎて行きづらいとのこと、
仲のよい友人が一緒になるようにクラス編成を
してもらいましたが、その友人の友人とは
うまくいかないようなことを言います。

別室登校はやや難しい感じです。

「家に友達に来てもらう」「休みに友達に来てもらい、
一緒に遊ぶ」など考えているのですが、本人は
渋っています。登校刺激として、このようなやり方は
効果なしでしょうか?また、渋っている状態での、
無理やりのセッティングはやめたほうがよいのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

******************終わり******************************

……

回答:

友達を使うというのは、非常に難しいです。

不登校経験のある友達なら良いですが、
そうでない子の場合、不登校の気持ちが
わかりません。

その時に、間違った接し方をする子が出てきます。

「どうして学校へ来ないの?」

「明日、学校へ行こうよ。」

と、強い登校刺激をしてしまうんですね。

それが逆効果になる場合があります。
そのことは注意しなければいけません。
事前に、友達に言わないでほしいことを
明確に伝えておいてください。

不登校になってから、全く動かない子は
もう、学校の中に居場所は作れない、
自分がいる場所はないと思い込んでいます。

休みが3カ月以上、1学期以上続くとそうなります。

別室登校が出来ない状態の子は、
そこまで学校と距離を感じているのです。

3カ月以内ぐらいなら、まだ学校に戻れる
期待感を子どもは持っています。

だから、別室登校もできます。

しかし、3カ月を過ぎると、勉強も遅れ、
友達関係も疎遠になり、居場所を感じられなく
なってしまうのです。

そうなると、大きく環境を変えないと問題は
変えられません。

誰もが別室登校で解決できるわけではないです。

学校に居場所があると感じられていることが
前提の別室登校です。

3カ月以上休んでいるなら、環境を変える。

今回の相談の子は小学6年生なので、
中学進学という機会を使って、環境を
変えてしまえばいいですよね。

例えば、中学校で自分の居場所があると
子どもに感じさせられたら、子どもの意識が
変わります。

もう、中学校に居場所があると思い込みます。

そうすると、家の外に居場所があるから
学校にも通い始めるのです。

不思議とそういうものです。

だから、今からやるべきことは、中学校で
どれだけ変わるチャンスがあって、自分の
居場所があるんだと伝えられるかどうかです。

そのためには中学校をたくさん見たり
しないといけません。

いろんな学校を見て、この子に合った学校を
見つけて行くことです。それが教育です。

教育はまずは環境選びです。

例えば、英会話教室を考えてください。

初心者に合う教室もあれば、ある程度
学んだ人に合う教室もありますよね。

同じ英会話教室でも、まったく環境は違います。

不登校なのですから、不登校のわが子に
合う環境を探してください。

それをこの夏にやってみるといいですよ。

やらなければ、このままの状態は
変わりません。

小学校6年生の不登校の子のうち
5人中4人が中学進学後も不登校が続きます。


文部科学省のデータで明らかになっています。

この原因は、環境が小学校と中学で
変わらないからです。

「進学すれば、行くだろう。」

ぐらいに、軽く考えすぎているのです。

進学した中学校が小学校と同じような環境を
選んでしまっています。

ぜひ、かんがえてみてくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3040-5f33b8e7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ