FC2ブログ

Entries

【不登校】学校に戻ったらやるべき「不登校教育」とは?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

不登校になってまる1年が経つ中二女の子です。

ステージ7の不登校改善教育とは
具体的にどんなことをしたらよいのでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

教室復帰できても、不登校が
克服できたわけではありません。

ここを勘違いしている人がいます。

今は我慢して学校へ通っているだけです。

どこかで我慢が出来なくなれば、再び
不登校に戻ってしまいます。だから、
今の状態を放っておいてもダメです。

他にも、同じような質問を頂いています。

「学校へ戻ったけど、また不登校に
なるのではと不安で仕方ないです!」


私でも「まだかな、これじゃあ、足りない
かな。」って思う事があります。

不登校克服に完璧はないです。

こう言ってしまうと元も子もないかもしれない
ですね。やっぱり、どんな人間国宝でも、
死ぬ間際まで「まだまだです。」って言うもの
ですね。

それでも、「まあ、これなら大丈夫。」って
思うラインがあります。

安心して下さいね。

それでは、何がどうなれば不登校を克服
したと言えるでしょうか?


それは「目つき」の変化です。


これは教育行動心理学として考えた時に、
子どもから大人へ変わる途中が思春期に
当たりますよね。

思春期に不登校になるわけです。

つまり、思春期を抜け出せれば、不登校は
解決したと言えないですか?そうですね。
だから、子どもから大人へと変化できれば
いいんです。

もう一度言いますね。

不登校は、子どもから大人へ変わる
途中に起きている問題です。


大人にもなりきれず、子どものままでも、
居られない。すごく中途半端な状態でいる
から、苦しいんですよね。

もう少し違う言葉で言いますね。

子どもの時は、親の言う通りで良かったん
ですね。大人になるとは、自分らしさを出す
ことですね。

不登校は、自分らしさを出し切れていない
ことでもあります。


「居場所」とよく言いますが、その本当の
意味は「自分らしさを出せる場所」がない
ことなんですよね。大人になれていない。

なので、学校へ戻っただけでは、まだまだ
子どもですね。

大人にはなっていません。

では、どうやって大人へ変化したのかを
見分けるのか?


それが「目つき」なんですね。

これはそうとしか言いようがないんですね。
明らかに「目つき」が子どもから大人へと
変わります。

自分で責任感を持って、自分で決断する
「気持ち」が持てるようになった時ですね。

そうすると、困難にも平気で立ち向かう
事が出来るようになるし、弱音を吐いても
再び立ち上がる事が出来ます。

自分らしさを発揮できる場所が見つかり、
そこで過ごすことで目つきが変わります。

これは親なら誰でも見抜けます。

明らかに目つきが違うからです。

例えば、子役の俳優さんたちが大人に
なっていくと「目つき」が変化しますね。
それだけでも分かると思います。

同じことが、あなたの子どもにも起きる
ようになります。

変化が起きない場合は、思春期を抜け
出していない状態です。


ここで注意して欲しいのは、不登校では
ない子でも、たくさん思春期の途中にいる
子はいます。

そのまま大人になる人だっています。

不登校の子は、思春期の途中にいながら
自分らしさがどこにあるのかが見つからず
止まっている状態なんです。

他の人と条件が違います。

わかったようで、分からないかもしれない
ですね。でも、変化がなければ、それは
克服しているとは言えません。

明らかに表情が変わります。

大人らしくなります。

それが不登校克服のサインです。
見逃さないで下さいね。

これから、何をすればいいのでしょうか?


それは、不登校教育です。

自分らしさを自己表現する教育です。

今、それは何もしていないはずです。
相変わらず、周りに合わせて生き続けて
いますよね。自分らしさを出せていない。

自分の子どもが得意なことや、興味を
示している事があるはずです。それを通じて、
自己表現を学校でさせてみてください。

例えば、本好きの子なら、学校で本の
作文、紹介、ディベートなどをさせる。

それだけで自己表現になりますよね。

今は、そういう事がないはずです。

詳しくは、私の小冊子を読まれた方に
私の不登校教育についての動画を
お渡ししています。

ぜひ、ご覧になってください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/3035-234404fc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ