FC2ブログ

Entries

【不登校】子どもが「ひきこもり」になる家庭の特徴

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問*********************

中2の男子です。
中1の9月頃から不登校です。

部活が休みなく、それが嫌で休み癖がつき、
そのうち勉強がおいつけなくなり不登校になりました。

小学校の頃は毎日友達と遊んでいたのですが、
みんな部活で一緒になることが少なくなり、
中学校まで遠く、クラスも仲の良い子がいなかったりと、
楽しい要素が無く感じていたと思います。

性格はまじめで、まがったことが嫌いです。

息子は学校に行きたいと言いますが、
遅れを取り戻すために勉強するわけでもなく、
ゲームに夢中になってしまうのが心配です。

最近、週1で放課後学校に行っています。

制服に袖を通すことすら出来なかったので、
とても嬉しいことでした。ですが、朝から
毎日登校するにはほど遠い感じがします。

本人は本当に学校に行きたいのでしょうか?

校外学習が予定されていますが、行くか
聞いてみたところ、自分が行けば班の人に
迷惑になると思っているようです。

私たち両親が良き理解者となり、
そう息子が感じてくれて、本当に心から
学校に行くと言ってくれるようにしたいです。

******************終わり********************

……

回答:

お母さん、とても素晴らしいです。

そして、お母さんのサポートがあるから、
週1回、放課後登校が出来ています。

もし、お母さんがいなかったら、
この子はひきこもり続けて苦しみ続けて
いたはずです。

家庭でできることは、やってくれていると
思います。

これ以上、家庭で何かをやるのは限界です。

次は学校です。

一番いけないことがあります。

子どもの心にばかり焦点を当ててしまうことです。

子どもは不安に常に怯えています。その不安を
受け入れ続けていれば、動けないのは仕方ないと
親が思い始めてしまいます。

少しずつ親が「ひきこもりを容認」していって
しまうのです。


お母さんの相談内容を聞けば、原因は
学校に友達がいないことだとすぐにわかります。


友達がいないから、学校へ行っても面白くない。

単にそれだけと言えばそれだけです。

例えば、この子が私の学校へ今日来て、
共通の趣味の友達ができれば学校へ通い
続けるでしょう。

友達ができるからです。学校へ行って
楽しい思いを持てますよね。

子どもを理解するとかどうかではなくて、
この子が求めているのは、学校の中に
友達がいて、自分を受け入れてくる
居場所があるかどうかです。

自分で居場所を作れるほど自立力は
ないわけですから、大人の側が居場所を
作ってあげないといけません。

これが今、足りないことです。

待っていても、家で子どもに理解を示しても
動かない理由が分かったと思います。

では、どうやって学校の中に居場所を
作ってあげるかです。


それを学校の先生と話し合ってください。

これに関しては学校によって対応が
全く違います。積極的にクラスメイトも
関わってくれる学校もあれば、特別な
対応はしてくれない学校もあります。


実際、先月に私の学校へ転校した中学生は
私立中学でしたが、学校側は不登校の子に
担任の先生ができること以上の対応はやって
もらえなかったようです。

良い担任の先生だったようですが、担任の
先生ができる限界もあります。

別室登校しても、担任の先生も授業があるので
1日のほとんどを1人で過ごさなくてはならなかった
ようで、孤独感が増大したそうです。

それで解決が見えず、転校してきました。

転校後、今日まで1日も休まず登校して
くれていますよ。

学校の方針があるので、すべてを実現は
出来ないと思いますが、一度、話し合って
みてください。

ここから不登校意識が固定化して、
ひきこもりに発展していくか、不登校解決
していくかは、親の行動次第です。


待っていれば、長引くだけです。

学校に居場所がないのだから、戻れません。

居場所を作ってあげてくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2988-287429de

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ