FC2ブログ

Entries

【不登校】通信制へ転校後も休み続ける子はどうすればいいの?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中2から不登校、一貫校から高校にあがるも、
現在は通信に在籍のみしている男子の母親です。

当時から専門の家庭教師やカウンセラーにかかり、
時々登校する程度でした。友達とも遊ぶし、修学旅行にも
行きそこそこ楽しんでいるように思っていました。

どうしても毎日登校が出来ないので通信に転校した次第です。

一貫して子供が言うことに、目的がない、頑張れない、
何のために勉強する?無理矢理大学なんか行っても
働けないと一点張り。

それでも時々、仕方ないから頑張ると意欲を見せるものの、
すぐに心おれて同じことの繰り返しです。

心療内科や相談した専門家は
たいてい考えすぎているような見解を示します。

学校とは、国に従うロボットのための量産工場、
自分はその欠陥商品だと言っています。目的がないと
出来ないという、順序が逆のような発想が私にはなく
理解できません。学校や仕事をしながら、適性や
目的を見つけるのだと私は思うからです。

心理カウンセラーなど、自分を知らない者に指導されても
変わらない、何年も自分をみてきた、母親が何か分かる
のではないか!?と私に詰め寄り悪魔のようです。

この息子は何か頭に抱えてるようです。
糸口はありますか?彼を救うには何が必要ですか?

大抵のことはやりました。本人も私も限界です。
どうか、ご助言頂ければと思います。

******************終わり******************************

……

回答:

多くの方が間違っているのが、家の中で
何かをやれば不登校が解決すると考えて
いることです。


このお母さんもずっとがんばってきました。

これだけ息子さんのためにがんばっている
お母さんはいません。本当によくがんばって
きましたね。素晴らしいです。


息子さんのように理屈っぽく、賢く、
どんどんと言い負かすような子にたくさん
私も出会ってきました。

私の学校にも毎年入ってきます。

理屈っぽいから動かないわけではないです。
それは覚えておいてください。

お母さんが言われるように家庭では限界です。

不登校とは、家庭で解決するものではないです。
すごく簡単な話をしたいと思います。

子どもが不登校になるのは、学校の中に
自分の居場所がなくなったからです。


家の中ではないです。

まず、このことが大切です。

大人の私たちでもそうですが、誰でも
家と社会の両方に居場所を持っています。

わかりますよね。

どちらか片方しか居場所がなければ、
どうなるでしょうか?

この2つの居場所で私たちはバランスを
取っています。精神的なバランスです。
つまり、片方がなくなれば、バランスが
崩れて不安定になります。

まさに、この子はその状態です。

学校について批判的なことはいろいろと
言うのはいいんです。

不安定だから言います。

家の中で言っているだけです。

社会の中に居場所がないので、
自分自身を保つ、自尊心が崩れないように
するためにお母さんに強がるのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

もう家の中では限界です。
お母さんが言われるとおりです。

というよりも、家の中だけで解決しようと
していたことが間違いだったんです。


この子に必要なのは、家の外に居場所を
作ることです。

まだ、中学生・高校生だからできることです。

大人になって、ひきこもりが家の外に居場所を
作るのはとても難しいです。

でも、子どもなら学校という居場所を転校や
入学で作れます。

心、精神のバランスを保つために、居場所を
用意してあげなければいけません。子どもに
任せていても、作れません。


「そうは言っても、学校へ行ってくれないの
だから、私はどうしようもないんです。」

と、言われると思います。当然です。

この子の場合だと、通信の学校へ転校した
わけです。でも、そこが居場所にならなかった
ということです。

居場所になると感じないまま転校したのか、
実際にサポート校に通って、居場所がないと
感じたのか、どちらかわかりませんが、とにかく
居場所にならなかったわけです。

そこで居場所を作るか、また新しい学校で
居場所を作るかです。


そういう状態を作ってあげない限りは、
今の状況を抜け出すことはできません。

家の中でどうすればいいかだけを考え
続けていたと思いますが、解決策は
家の外にあるわけです。

根本を間違うと、家の中だけで苦しんで
しまうわけです。

もちろん、共同作業法や共感の会話法を
やるのは前提です。それがないと子どもは
親の話を聞きません。

この相談者の場合だと、父親が出てきません。

息子さんの場合は、父親の存在が
非常に重要です。

そのあたりも見直しが必要です。

まずは、家の外の居場所を作ることです。

やってみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2951-d16a0ffb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ