FC2ブログ

Entries

【不登校】1年以上の不登校がゼロからやり直すためには?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

小学校で2年間不登校を経験しています。

中学校では普通に登校できるようになりましたが、
親も先生もかなりサポートをしていました。

中学3年のはじめあたりから精神的に負担に
感じることが多くなったようですがなんとか
登校はしていました。

成績が良かったので高校は推薦で決まりましたが、
3学期に精神的に不安定になり別室登校したり、
学校を休んだりすることが多くなりました。

高校生になり、1日だけ登校してずっと休んでいます。
学校に行くのが怖いと言っています。

いろいろと融通の利く通信制のサポート校に
転学も視野に入れていますが、普通高校へ
どうしても通いたいみたいです。

しかし、朝になると怖がって学校へは行けません。

小学校で不登校を経験してから周りも手厚い
サポートをしてきたのですが、それがよくなかった
のでしょうか?

子どもも疲れているでしょうが、
親もだいぶ疲れてきていて精神的にも
身体的にも異変がでてきています。

このままだと私たちまで病気になってしまいそうです。

引きこもらないように当人のやりたいようにやるのが
いいと言う本がありますが、そんなことしていていい
のでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

当たり前のことですが、周りがサポートを
してやるのは最初だけです。

例えば、骨を折ったとしましょう。

松葉づえを使うし、プロテクターで足を
ガチガチに固めますよね。

不登校も同じだと思います。

最初は、親も周りもサポートしてあげます。

しかし、ずっとそうしていれば、杖が
普通になり、プロテクターが普通の体に
なってしまいます。


いつまで経っても、歩けるようにはなりません。

このお母さんもそのような発想の間違いに
気がついてくれました。

サポート校も同じですよね。サポートする
わけですから、本当の成長を願うなら、
子どもが成長できる環境に入れなければ
育ちません。

小学校からの不登校で、今の今まで
解決できていないわけですから、今の
やり方、発想が間違っています。

何が間違っているかというと、お母さんだけが
がんばろうという発想なんです。


私はお母さんは、これ以上できないぐらい
がんばってくれています。

もう家庭では限界だと思いませんか?


家庭で出来ることは全部やってもらっていると
思います。家庭に問題があるのではなくて、
家の外が問題だと思います。

子どもと言うのは、家の中がどれだけ満足
できても、不安定になります。

社会の中での自分の立ち位置、居場所が
しっかりしていないと、家と外でバランスが
取れないんですね。

つまり、あいまいな環境を外に作って
しまっているんだと思います。

さらに、ずっと不登校が続いているので
今の環境ではゼロからやり直すことは
できません。


学校の先生がどれだけ配慮してもらっても
友達関係は崩れているし、同級生から、
どう思われているのかが気になってしまい
やり直せないのです。

不登校は長期化してしまうと、どうしても
同じ環境でやり直すのは難しくなります。

また、高校生だから時間もありません。

ここで親の決断が分かれます。

「この子は可能性がある子だから…」
と、思う人。

「この子には無理をさせないで…」
と、諦めてしまう人。


どちらかに分かれます。

あなたはどちらでしょうか?


例えば、今月、高校2年生が転校を
してきました。私の学校にです。

正直、本人は寮なんて、と思って
嫌がっていました。当然です。

でも、お母さんはこの子の可能性を
信じていたんです。100%信じている。
だから、この子は動いたんですよね。

そして、私も100%信じています。

家の中も、外も、どちらも自分の事を
信じてくれる、安心の環境だから、
今日まで休まずに、元気に通い続けて
くれています。

本人がどう思おうが、親が100%信じて
いたら、子どもって動くんですよね。

「ダメだから、こうしないといけない。」

って、思うと子どもはわかります。

親は自分を信じてくれていないって、
見抜くんです。

子どもは必ず環境に影響されます。

例えば、学習塾で成績別に3クラスが
あったとしましょう。

A:優秀クラス
B:普通クラス
C:落ちこぼれクラス

Cのクラスに入ったら、どうなるでしょうか?

Aクラスに上がれる子は、出るでしょうか?
いないです。Bに上がれる子もほぼいません。

環境に影響されて、その環境に留まって
しまうんです。可能性を見出すことは
できなくなります。

環境ってすごく大切です。


例えば、不登校の子の大学進学率って、
おそらく20%もないでしょう。

子ども全体では50%です。

私の学校は不登校の子は80%が
大学進学しています。

理由は環境しかありません。
大学進学が当たり前の環境に入れると
子どもはそれに従って動きます。

ぜひ、自分の与えている環境がいいのか
考えてみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2940-33d57c64

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ