FC2ブログ

Entries

【不登校】ゲームを与えたらダメなのか?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学1年の男の子の母親です。

部活動の顧問に不満を持ち、試合などに
行かなくなり、学校で顧問と話をしたくなくなり、
1月から不登校になりました。

ゲーム依存があり、父親とも合わず、刃物を持ち出し
スマートフォンをさせろと言い出し、2月いっぱい精神科に
入院する事になりました。もうゲームをしないつもりで
退院したのですが、友達と遊べないし、部活も退部させられ
そうになっており、かわいそうになり、父親には内緒で
ゲームを買ってあげました。

案の定、夜中もゲームをしています。

過干渉が良くないと思い、余計な声かけを
しないようにしています。

学校にはちゃんと行く約束をしたので、登校は
するようになりました。いつも機嫌が悪そうで、
このままだと、また不登校で不健康になりそうな
感じがして、心配です。

与えたのが、悪かったのですが、自分を信じてくれと
たのまれました。

******************終わり******************************

……

回答:

私はお母さんがゲームを与えたのは
正しい方法だと思っています。


今のお母さんには、この方法以外に
息子さんをコントロールすることはできなかった
と思います。

しかし、家族としては間違った方向へ
進んでいます。

家庭環境は良くない方向へ進んでいます。


これが後々に悪い影響を与えます。
環境を変えなければいけなくなります。

それでは、ゲーム依存について話します。

ゲームをやめようとしない子を見ると
イライラしてしまいますよね。

誰だってそうです。

しかし、これは不登校の状態のなかで
ゲームをやっています。特殊な状況下に
あることを理解しておかないといけません。

ゲームの事ばかりに頭が向いてしまいますが、
ゲームをやるのは現実逃避のためです。


ゲームを取り上げても、現実の辛い状況が
目の前にやってくるだけですよね。余計に
辛くなります。

だから、ゲームをやめさせたいのなら、
ゲームを取り上げるだけではうまくいきません。
イライラして怒って、口で聞かせようとしても
うまくいきません。


ゲームをさせているストレスを減らす事が
解決策であるべきですよね。

わかるでしょうか?

例えば、仕事のストレスでお酒を飲んでいる
人からお酒を取り上げたら、ストレスを逃がせる
場所がなくて、暴れたり、鬱になったりします。

逃げている物を取り上げても仕方ないです。

この原理が分かれば解決法は簡単です。

では、どうすればゲームをやめるか?

それは親のプレッシャーを減らしてストレスを
減らす事です。親がガミガミ言って、子どもを
コントロールする事で、ストレスが増大している
のです。

この子の場合は、父親ですよね。

父親との関係が悪すぎます。

何度も言いますが、不登校になる子は
真面目で良い子です。

つまり、親の言うような良い子を演じてきた。

だから、親の事が一番怖いのです。親から
見放される事が恐いのです。この事を理解して
おいてください。


深層心理の部分に注目して欲しいのです。

親の事を恐がっているのです。

それを解消するのが一番最初です。

だから、親の態度そのものが子どもの
ゲーム依存を強めているのです。逆効果に
なっています。

この子の場合は、お父さんですね。

そこで「共同作業法」をやってみて下さい。

これができるかどうかです。

これで多くの家庭が子どものゲーム依存から
解放されています。

父親が息子と一緒にゲームをする。

これができないと解決はできません。

子どもは親が学校を休んでいる事を責めている
と思って、想像力を極限まで働かせています。
そして、自分は駄目な人間だと思い込んでいる。

それを、「あなたの気持ちはお母さん、理解して
いるからね。大丈夫だよ、安心しなよ。」って、
伝えてあげることで、ストレスが一気に減ります。


そして、父子関係を改善してください。

できないなら、環境を変えなければ息子さんが
再び明るく笑顔で学校へ通えるようには
ならないと思います。

やってみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2932-3b354461

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ