FC2ブログ

Entries

【不登校】家で勉強させるのが難しい理由

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中2の娘が不登校になって、
早8ヶ月がたちます。

初めは中2病、5月病と思い、時々学校を
休む程度だったので様子を見ていましたが、
7月中旬より全く学校に行けなくなって、
2学期に入り完全不登校となりました。

ネットの情報を見たり、カウンセリングを受けたり、
精神科に相談したりもしましたが、悪化する一方で
先生の言う通り、昼夜逆転・部屋への引きこもり・
ネット依存となりました。

そんな中、不登校教育研究のことを知りました。

なぜ学校へ行けないのか、ずっと悩んでいたことが
理解出来たのです。まさに娘の状態にピッタリと
当てはまり、眼から鱗でした。

早速娘に共感の会話を用いてみると、リビングで
一緒に寝るようにすると、なんとか昼夜逆転は解決。
と同時に自室への引きこもりも解決しました。

今一番心配していることは、学校へ行くことが
出来ない事と、学習意欲がない事です。

不登校になってからは、全く学習に取り組んで
いなかったためか、1年の頃の学習内容も
忘れたようです。プライドも高く、0か100かの
性格です。私が声がけしても「出来ない!」と
言われるばかりです。

私への依存心も強くなったようです。

学習意欲が湧いてくる方法、自立できる方法を
教えてください。

******************終わり******************************

……

回答:

同じような勉強・学習の悩みを持っていると
思います。当然です。


しかし、不登校の子は勉強をしません。

しないというよりも、出来ないです。

無理にやらせようとしても難しいと思います。
これは不登校に限らずです。


子どもが勉強する理由の半分は、勉強で
親から認められたい、自分の存在価値を
保てるという理由です。

残り半分は進学に必要とか、自分の将来の
ためです。

今、不登校になって学校を休んでいる子が
自分の存在価値があるとは感じていません。

すごく惨めな自分を感じています。

そんな自分が勉強をしても、何の意味が
あるのかと、思ってしまいます。勉強をしても
学校を休んでいるのだから、自分に価値は
ないと思い込んでいます。


これは普通の反応です。

私でも、あなたでも、同じように学校を
何カ月も休めば、勉強に向かう気持ちは
ほとんどなくなります。

子どもを責めることはできません。

あくまで勉強は学校へ戻ってからです。

そこでしかほとんどの場合はできません。
学校へ戻れて、普通に戻れたと感じれて、
ようやく勉強を始めます。


例えば、今年もこんな例がありました。

私の学校へ不登校の子が見学に来ました。
家でも勉強をせず、1年以上不登校です。

その子が学校見学後に、急に勉強を
始めたのです。お母さんもすごく驚いて
いました。

理由は簡単ですよね。

この学校でもう一度やり直せる希望が
持てたので、自分の存在価値が高まったんです。
だから、勉強を始めました。

希望がない中での勉強は難しいのです。

ネットの授業や家庭教師などをやっている人も
たくさんいるようですが、私の相談の中でも
ほとんどの人が上手くいっていません。

例えば、禁煙する気のない人に、
禁煙パッチを渡すようなものですよね。

ダイエットする気のない人に、ダイエット食品を
渡しても食べないと思うんです。

勉強はあくまで、学校へ戻ってからです。
そうやったほうが、子どもへのプレッシャーも
少なくなって、学校へ戻りやすいです。

親が家で勉強!勉強!と言えば言うほど、
子どもは自分が今、学校へ戻っても授業に
ついていけないのではないか、という不安が
増大してしまいます。


逆効果の場合が高いです。

もちろん、学校へ戻ってからしっかり勉強の
補習をしなければいけません。

簡単ではありませんよ。

例えば、1年授業に出ていない。

そうすると、1年補習をしないといけません。
通常の授業に加えてです。2年分を1年で
やらないといけません。

もし、2倍速いスピードでやったとしても、
半年は2つの授業を重ねて受ける必要が
出てきます。

これは覚悟しなければいけません。

私の学校では、遅れた学習を取り戻す
方法をずっと研究開発しています。

1年程度の遅れなら、1、2カ月で取り戻す
ことができます。これは家庭ではできない
方法です。

まずは学校へ戻すことを優先しましょう。

勉強はそれからです。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2909-05797bd4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ