FC2ブログ

Entries

【不登校】子どもに自信を与える最高の声掛け法

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

こんばんは
私の質問の回答を読ませていただきました。
丁寧に答えていただき、ありがとうございました。

その後、主人が褒めていた事を、私の方から
伝えるようにしたところ、明らかに変化がありました。
そのことを主人にも伝えたところ、主人なりに、
関わってくれているようです。

行ってみようかな、という前向きな言葉は
出て来ましたが、一歩が踏み出せません。
色々と考えてしまうようで、行こうと決めた
前の日は眠れないようです。

頭も痛くなります。

背中を押しても良いのでしょうか?
それとも見守るべきでしょうか?

よろしくお願いします。

******************終わり******************************

……

回答:

素直にアドバイス通りにやっていただいて
ありがとうございます。

私のアドバイスしている内容は、
過去、何万人も相談に乗っていて、
実際にやって頂いて上手くいった
方法だけを話しています。


だから、まずは素直にやってみてください。

このお母さんの場合、息子さんが自信が
なくて動かなかったんですよね。

その場合、ほとんどが父親との関係が
よくありません。息子というのは父親の
存在がプレッシャーになって生きています。


父親に求められることで自信が出てきます。

だから、父親から認められていることを
感じさせてあげることが必要です。

でも、父親も頑固で動かないケースがあります。

その場合、お母さんが代わりになって
父親が認めていたという話をしてあげるだけで
子どもは喜んでくれます。

子育てで一番大切な事とは、夫婦が互いのことを
子どもの前で褒めて、代わりに気持ちを伝えること
なんです。

お母さんなら、

「お父さんはね、いつもがんばって社会のために
仕事をしているのよ。すごい人なんだよ。」


って、権威を上げる。

そして、

「お父さんはね、あなたのことをいつも褒めて
くれているの。あいつは、将来、すごい人に
なるからな。俺は確信ているよって、話して
いるんだよ。」

って、話す。

たったこれだけのことですが、日頃から夫婦が
互いを褒め合っているかなんです。

シングルの家庭でもそうです。

お母さんだけの家庭でも、子どもにとっては
嫌な旦那さんでも、父親なんです。

その父親のことを褒めて、子どものことを
愛している話をしてあげる。

こうやってあげると、息子さんは自信を持てる
ようになるので、マイナスの気持ちがプラスへ
変わっていきます。

もちろん、1回やっただけですぐに登校刺激を
するのは早すぎます。

ここから、共同作業法で父親と息子さんが
一緒にゲームをするようにしてください。


そうすることで、心のエネルギーがしっかりと
満たされるので、次へ進みやすくなります。

そして、お父さんが背中を押す方がいいと
思います。

この点に関しても夫婦で話し合ってください。

お母さん一人でがんばっているのはよくないです。

協力し合いながら変えていきましょう。

不登校家庭の問題は、
「不登校意識の固定化」です。

「不登校だから、仕方ないよね。。」


という意識が親の中で作られてしまうと、
もう、子どもは元に戻ることはできません。

「この子には無理そうだね・・・」

と、親が感じていて、それ以上の
パフォーマンスを出せるはずが
ありませんよね。

親の意識は子どもに移ります。

親が無理だと思えば、子どもも無理だと
思い続けて、今後の人生もずっと歩く
ことになります。

「自分は出来るんだ!」

って、思わせることが親の役目です。

それが不登校になって、家庭の中に
不登校意識が醸成されてしまうと、
マイナスの意識で子どもは生きていきます。


これは馬鹿に出来ない問題です。

教育で一番大切なのは、自分はできると
いう意識を持たせることだと思っています。
モチベーションとも言います。

数学を教えても、得意な子もいれば、苦手な
子だっています。

でも、どんな苦手な事があっても、諦めず、
プラスのイメージを自分に持ち続けられる
自信、そして、経験力を身につけさせることが
子育て、教育の目的です。


その最初が親による承認です。

これを社会に出るまで家庭内でずっとやり
続けることです。

家庭環境が不登校意識ではなくて、
プラス意識が醸し出されているようにして
ください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2877-fd2ad1ef

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ