FC2ブログ

Entries

【不登校】高校の不登校は大変。即断即決の連続。

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高校2年女子、欠席日数がもう1日に迫っています。

二学期から、学校を辞めたくない、でも毎日行けない
状態が続いています。きっかけはいじめと勉強に
ついていけないことでした

通いたいという割には休んでいても勉強はしない、
学校の先生への態度も悪く話し合おうとせず、
日数ももうないので、次の道を歩いていって欲しいです。

でも転校は考えていない、その話するな、うるさい!と
拒みます。もともとよく話をする関係でしたが、より深い
信頼関係を作ろうと、日々努力しているところです。

ゆっくり信頼関係を作りたいのに、大きな選択が
目の前に迫っていることに困惑しています。

******************終わり******************************

……

回答:

高校の不登校の子は現実問題として
転校に追いやられます。


義務教育ではないので、出席日数が
足りなくなれば留年になります。これは
規定ですから仕方がありません。

どれだけ親が急かしてみても、不登校は
1日や2日か解決できるものではないです。

普通なら、最低3カ月はかかると思います。

なぜなら、多くの場合、環境が変わらない
中で、子どもだけが行動を変えるように
求められるからです。

子どもがそんなに簡単に、すぐに変わる
ことはないです。

まだ、子どもです。

自分に何が起きているのかを冷静に
判断することはできません。

だから、どうしても時間がかかります。

そうなった時、高校生の不登校の子は
転校しか選択肢がなくなります。

「少し嫌だろうが、我慢して学校へ行けば
いいのに・・・」


と、思ってしまうのは当然です。

誰だって思います。

しかし、それは太っている人に、
痩せたいなら、食べずに運動すれば
いいのに、と言っているぐらい無理な
ことなんです。

今までの生活習慣だったり、意識や
考え方がの結果として不登校になって
いるのです。

だから、その習慣や意識をすべて
変えなければいけないのです。


それを子どもが一人で変わるように
させるのは、無理だと思います。

私の学校のように、生活環境を大きく
変えてしまえば、当然、変化は出て
きます。変われます。

環境を変えないで、今のままで子どもを
変えようとすれば、当然時間がかかります。


先ほども話したように、太った人を痩せる
ようにしようと思ったら、どれだけ大変かを
想像してみてください。

大手のダイエットジムが2、3カ月かけて
毎日、毎日、食べた物を写真でコーチに
送らせて、管理してやっていますよね。

食べ物の習慣をすべて変えてしまわないと
痩せないんですね。

不登校だって同じです。

環境を変えないと変わりません。

大人のひきこもりになる人の多くが、きっかけは
不登校です。中学、高校での不登校から、
そのまま引きこもりが何年も続いています。

それは環境が変わらないからです。

もう残り日数がない以上、次へ進むしか
ありません。転校しましょう。

こう言うと、私の学校へ来るように言って
いると勘違いされるので、一応話しておき
ますが、私の学校は全日制高校なので、
留年が決まってしまうと転校できません。

留年になってしまってからだと、通信制や
単位制高校になると思います。

もちろん、そこへ転校しても環境は何も
大きくは変わりません。

家にいるのは同じです。

家の環境を作っているのは親です。

そのことを理解することです。

転校するにも、子どもが言うことを聞いて
くれないといけません。それには親子関係が
良好であることが条件です。

共感の会話法や共同作業法などをしっかりと
やっておく必要があります。


焦りなどがあるのはわかっています。でも、
現実問題として、学校制度は不登校の子に
合わせているわけではないです。

留年が来たら、別の学校へ行くしかないです。

その中で、どうやって次に子どもを育てて
いくのかを考えることです。

切り替えて、早く動いた人が不登校から
抜け出せています。

今の場所で子どもを育て続けるのなら、
家庭の環境を親自身が変えていくことです。
具体的な方法は、今後、ブログなどで紹介して
いきます。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2860-61d47b7d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ