FC2ブログ

Entries

不登校の未来と真実

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中2の息子が不登校になりました。

実は、私は精神科のナースとして
働いています。

社会から一度外れた人がどれだけ苦しい
生活をしているのか、よく知っています。
社会に戻るまで何年もかかります。

戻っても、元には戻れないのが現実です。

不登校の息子もそうなるのかと思うと、
今は不安で仕方ありません。

先生は、不登校の将来についてどうお考え
でしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

素晴らしい質問をいただきました。

結論を言うと、「不登校には厳しい
将来が待っている」です。


そんなに甘くありません。

これから私は一般論を話したいと思います。

そもそも、不登校であろうがなかろうが、
今の若者はすごく厳しい時代にいるという
認識を持ってください。

この図を見てください。

教育評論家の舞田敏彦さんが作成された
図です。舞田さんのサイトより引用させて
いただいています。

20代

この25年で、若者の貧困が急激に加速しました。

大企業の初任給は変わっていませんよね。

ということは、上は同じなのに下の層が
落ち込んでしまっているわけです。上が
伸びているのならいいですが、そうではない。

不登校であろうが、なかろうが厳しいのです。


そして、次の図です。

大卒

今、外国人労働者をたくさん入れようと
しています。


どこに入れているか知っていますよね。

「工場・建設現場」「農業・漁業」「介護」です。

これらの仕事に大量の外国人が安い賃金で
日本人と並んで働くようになります。

ということは、どうなりますか?

今、現在、工場や建設現場で働いている
日本人の賃金は絶対に上がらない。むしろ、
下がるかもしれません。

そして、外国人にとって代わられる。

その先は、30代、40代で派遣社員、フリーターで
お金がなく、結婚もできず、実家でずっと一人で
過ごすようになると言われています。

工場や建設現場で働いているのは、統計上、
「高卒」の人たちです。

「大卒」の人たちは「事務職」がほとんどです。

影響は少ないです。

さらに、日本社会はどんどん縮小していきます。

例えば、美容院。


今の40代、30代がドラマのカリスマ美容師ブームに
乗って、美容師に殺到しました。今やコンビニの数
よりも、美容院の方が多いのです。

倒産件数が増えていると聞いています。

美容師になっても、食べていけない人が出てくると
美容院経営の方が話していました。

声優ブーム。

これも、10年近く前から始まり、こぞって若者たちが
声優になろうとしていました。でも、声は天賦の才能
なので、職業として生きていける人はごくわずかだと
専門学校の先生が話していました。

ファッション系。

若者がお金がないので、ファッションにお金を
かけることができなくなっています。その影響で
どんどんとブランドが消えている状況です。

海外に出ているブランドだけが生き残ると
言われています。

銀行。

AIが出来れば、銀行の窓口業務が不要と
なるので、人員を半分以下にできるそうです。

地方銀行の合併がこれからも続いていくそうです。

地方の支店は次々に消えていきます。

地元の銀行の支店に就職しようとしても
難しくなります。

・・・

このような状態が日本の若い子たちを
待ち受ける社会の状況です。

まずは、どこが一番厳しくなるかと考えれば
「高卒」「中卒」の人たちの職です。

不登校に限らずです。

ということは、不登校なら、さらに厳しい。

そういう現実を考えた時に、私は大人として
自分の子ども達を将来、不安定にさせない
ためには、可能な限り「大学進学」するように
サポートすることが大切だと思っています。

「高校卒業さえすればいい」

と、考えている人もいるのかもしれませんが、
あなたが学生だった時代と今は違います。

ある銀行の支店長さんに話を聞くと、

「先生、10年後には”あなたは高卒ですね、
じゃあ、工場で外国人と一緒に働いてね”と
言われる時代が来るかもしれません。

だから、なるべく子どもは大学へ入れて
おくべきだと思います。

取引先の企業の経営者の皆さんは
そのように考えていますよ。」


と話されていました。

不登校というだけで、世間ではマイナスな
状態だと認識されています。

だからこそ、私は環境を変えてやり直して、
もう一度、復活させてあげて、将来の不安が
ないように大学進学をさせたいと思っています。


これで、私の学校が「不登校大学進学プログラム」を
やっている理由がわかると思います。

不登校の90%以上が大学進学しています。
この数字って、すごいんですよね。

不登校の子どもに将来のことを考えるように
言っても、経験していないのでわかりません。

わかっているのは、私たち大人だけです。

大人の決断が子どもの将来を決めます。

20年後に私の言っていることが理解できる
ようでは、遅いのです。

「この子は不登校だから、無理せず・・・」

という、不登校意識が子どもを社会から
離れさせて、将来の不安を実現させて
しまうのではないでしょうか?

しっかりと、現実を踏まえてみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2847-9c57d5fc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ