FC2ブログ

Entries

【不登校】家庭環境が原因で子どもが動かないケースとは?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学3年生の男の子です。

中学2年生の時に人間関係で体調を崩し
不登校ぎみでしたが、部活の仲間の
おかげもあり、約2週間休みそれから
学校へ行く事ができました。

3年生になり夏休み明けからずっと不登校に
なりました。

保健室登校でもいいので、来てほしいと学校からも
言われましたが、不登校児扱いしないでほしい。
保健室登校するならクラスへ行きたいと言うのですが。
朝になると、全く家から出れません。

学校は嫌いではなく、行きたい気持ちが強くあるのに、
朝になると不安で仕方ないと言って震えたりします。

性格は、真面目で頑固、友達や周りの言動を
すごく気にして思い込みも激しいです。

現状は、夜11時に寝て、朝は6時30分に起こしますが、
起きてからは、ずっとソファにいます。

友達も毎日迎えに来てくれて、遊びにも来てます。
担任の先生も週1で来てくれます。
楽しく話し遊びますが、家からは絶対に出ようとしません。

主人は、おとなしい性格で息子の不登校にあまり
深く関わろうとはしません。冊子も読んでもらいましたが、
何も意見しませんでした。

高校受験も出席日数が足りないので、受験できる高校が
ほんの僅かです。これからどうしたら良いのか不安です。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子が動き出すためには、
いくつかのステップがあります。

ステップが早すぎても、遅すぎても駄目です。

例えば、この子に良い友達もいるし、
良い学校の先生もいます。良い環境に
あると思います。

友達も来ないし、先生も見離している
不登校の子もたくさんいます。


すごく良い環境だと思います。

しかし、友達も学校の先生もステップとして
早すぎるのです。このことに気が付いている
人はいないと思います。

そして、お母さん自身、足りないことが何か
わかっています。

このままだと、中学卒業まで不登校が
続いて、高校受験もできるかどうかが
わかりません。

高校を受験せず、家に居続ける不登校も
たくさんいます。ひきこもり生活。

そうならないために、いま何すべきなのかを
話します。

なぜ、息子さんは動かないのか?

不登校の心理について話します。

子どもというのは、親の愛情や信頼が
心の中の土台となっています。親から
認められる、承認されることが自信の
最初にあります。


そこから、友達など家の外での人間関係が
作られていきます。

友達や先生と時間を過ごせても、心の中に
大きな穴が空いています。

この子の場合、父親です。

学校を休んでも父親が自分に対して理解を
示してくれないのは、とても辛いことです。
自分は見捨てられているのではないかと、
恐怖心があるのです。

これは不登校になったこととは関係はないです。

誤解はしないでください。

不登校になったことで、今まで目を向けて
いなかった部分が出てきているだけです。

例えば、寡黙で仕事ばかりしているような
お父さんはたくさんいます。

だからと言って、その家庭の子がみんな
不登校になっているわけではありません。
不登校とは全く関係ないです。

しかし、不登校になってからは違います。

この子の場合、父親の存在がすごく
大切になります。

不登校解決には、学校環境と家庭環境の
両方の変化が必要だと話してきました。


家庭環境については色々ありますが、
特に「親の意識」です。「考え方」と言っても
いいかもしれません。


それを変えないといけません。

変わらないなら、子どもは変な心理状態に
入り込んで抜け出せなくなってしまいます。
そうなると、学校環境を変えても、進学しても
不登校を繰り返してしまいます。

家庭環境が不登校解決に大きく関わって
くるのです。

では、この子はどうすればいいのか?

まずは、父子関係を改善することです。

共同作業法で一緒にゲームをすればいいです。
それだけで大きく改善します。


しかし、このお母さんの問題は、父親に
何を話しても動かないことです。問題が
息子さんから、父親に移っています。

これは夫婦間の問題です。

真剣にお母さんが向き合うしかないです。

お父さんは自分が原因だとは思って
いないのです。

ここで父親が変われるかどうかです。

それはお母さんの真剣さだと思っています。

人は相手が真剣だと圧倒されるものなんです。
本当にそういうものなんです。


気持ちのスイッチをもう1つ上げて、
旦那さんと向き合ってください。

高校進学がすごく大切です。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2808-0b1851da

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ