FC2ブログ

Entries

【不登校】母と娘の格闘の毎日

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中3女子の母です。

2学期の初め頃「足が痛いから休みたい」と
家に電話してきたのを、私が「そこまで行ったなら
行きなさい」と言ったのをきっかけに「もう何もかも
嫌だ、死にたい」と子供相談窓口に自分で連絡し、
それ以来週に1、2度通えるかの状態が続いています。

自宅では一切勉強しなくなり、カバンも開けません。
テストだけは受けていますが、成績はどんどん
下がっています。

学校へいっても具合悪いと午前中で帰ってきたりの
状態です。

学校としても原因がわからないので、どう支援して
いいかわからないとのこと。それはそうだと思います。
娘と父親の関係は口もきかない状態ですが、共感の
会話法で母親にはだいぶ心を開いてくれるようになったと
感じています。

担任の先生が「学校にきて、途中で具合が悪いから
帰りたいと言ってきたときに、もう一時間頑張って
みようかと言ったら、一日最後まで授業に参加した」
とのこと。

その日は娘は帰るなり死んだような目をして食事も
摂らず眠り、翌日もふさぎ込んで起きませんでした。
久しぶりにやっと学校に自分で行けたのに無理を
させないでほしかったと思いました。

先生からみると、サボり癖がつかないようにという
考えがあっての事だったようです。

学校の事は学校に従うべきか、やはり本人の意志を
尊重して早退させてほしいとお願いするべきか迷っています。

******************終わり******************************

……

回答:

この状態はすごくよくないです。

お母さんも、学校の先生も、本人も
何が辛い原因かわからないままなので、
子どもの心にコロコロ左右されています。


これでは解決はできません。

誤解というか、何も分からず前へ進もうと
しています。

このままだと、子どもが大人たちから
追い詰められて辛くなって、引きこもる。


あるいは、大人たちに見守られて、
どうすることもできずに、落ち込んでしまい
引きこもる。

どちらになっても、子どもは動けなくなります。

子どもの意志に従えば、学校を休み始め、
不登校になっていきます。


先生のやり方でやってしまうと、子どもは
ストレスがかかり過ぎて、潰れてしまいます。
体調不良が起きるはずです。そして、不登校に
なっていきます。

では、何が原因なのでしょうか?

不登校になる子は真面目で良い子です。

真面目な子ほど、周りに合わせますよね。
自分らしさを押し殺して、周りに合わせます。
だから、一度、学校へ行けば、普通なように
過ごすのです。

でも、自分を押し殺しているので、家に帰ると
どっと疲れるのです。


ここが不登校の原因です。

自分を出せない。

この事に気がつかなければ、不登校の子を
強くしたり、学校・社会で活躍させることは
できないと思います。

それを子どもの心のせいにしないほうが
いいです。

心の問題ではないですよね。自分を出さない
のは、小さい頃から親の言うことを聞いている
子達です。心とは関係がありません。


習慣のようになっています。

生活習慣が周りに合わせるようになっている。

それが、自我が出てきた頃に、自分らしさと
反発します。その時にストレスが起きる。

不登校の原因の全体像を理解してください。

では、どうすればいいのでしょうか?


今の学校に戻っても、同じことが繰り返す
だけだと思います。自分らしさを出せるような
活動は何もありません。

まずは、先生とどんな活動ができるかを
相談してください。これは、今からやるべき。

学校へ無理に行かせても、今の段階では
辛いだけなので、休ませてあげてもいいと
思います。

学校へ戻すために休ませるだけです。

そこからは、別室登校からスタートしても
良いと思います。

そして、大切なのは子ども自身も不登校の
原因を知ることです。結局、変わるのは
子ども自身だからです。


子どもが自分の不登校の原因を理解して
いなければ、何も変わりません。

私の書いた不登校小冊子をベースにして
話し合ってください。

自分を出すことを恐れています。

自分を出したらいけないと思っています。

その感覚を変えないといけません。

これが生活習慣として、身についてしまって
いるので、変えるには本人の意識を変える
環境を用意してあげなければいけません。

学校環境も家庭環境も両方の変化が必要。

2つの環境が、この子の意識を作り上げて
しまっているからです。

そして、ここから不登校が長引くと、
不登校意識という別のものが入ってきて
固定化されていく。

雁字搦めになってしまいます。

しっかり、不登校の知識、全体像を
頭に入れて、取組んでください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2779-9ba2553b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ