FC2ブログ

Entries

【不登校】親子関係が逆転している場合、どうすればいいの?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓




青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

親の言うことを聞きません、立場逆転していますね。

家の中で私のものを勝手に持っていき、見つけて
注意すると知らんし…と、何かにつれ注意をすると
「だからうざい、出ていって」と、言われます。

しかし、叱って家を飛び出してしまうんではないか、
自傷行為を摩るのではないかと不安になります。

******************終わり******************************

……

回答:

「不登校意識の固定化」が子どもを
動けなくなる最大の原因です。


不登校を繰り返す子の特徴も同じです。


不登校意識が固定化してしまっていて、
どの環境に行っても繰り返してしまいます。

最初は学校へ戻ろうという気持ちが
強くあっても、家庭の中で「不登校の
自分は価値がない。」という意識が
固定化されてしまいます。


親子関係や親の言動などが理由です。

親の方も少しずつ諦めてしまいます。

その意識が子どもに影響、伝染して、
子どもの自尊心が失われていきます。

だから、親子関係もすごく大切ですし、
親の意識も大切です。家庭環境が
一番大切です。


不登校の原因に家庭環境は関係が
ありません。ここははっきりしています。
学校へ行けないだけなら、学校環境を
変えれば解決します。

しかし、学校を休んだ後に別の問題が
次々と子どもを襲っていきます。

子どもの4つのマイナス意識があります。

・学校を休んだ自分への情けなさ
・親に対する罪悪感
・友達と離れた孤独感
・勉強が遅れる脱落感

などです。

この意識は学校を休めば休むほど
強くなっていきます。

だから、少しでも早く学校へ戻さないと
いけないのです。

しかし、そうは簡単ではなくて、子どもは
これらの現実から逃げるためにゲームや
スマホで現実逃避します。

そして、きつく言う親から逃げるために
朝起きなくなります。


昼夜逆転になったり、親子関係が
もっと悪いと引きこもりになっていきます。


これが半年学校を休むと親の中で変化が
起きてきます。学校を休むのが当たり前に
なってしまい、不登校を受け入れていきます。

不登校の現実を受け入れるのは、当然の
ことだと思います。

問題は、「不登校になった、この子は、
もう無理かもしれない。」という子どもの
可能性に諦めてしまうようになります。


「この子は学校にも行けない子だから、
社会と関わるのは難しいだろう。」


と、考え始めます。

すると、子どもは、もう普通に戻ることが
できなくなってしまいます。子どもも諦め
親も諦めてしまっているからです。

ここまでは理解できると思います。

相談者のお母さんは、まだ不登校意識は
固定化していません。何とかして学校へ
戻そうとしてくれています。

しかし、そのやり方が悪いから、親子関係が
逆転してしまうのです。

この反動で、どこかでお母さん自身が
諦めてしまうようになってしまいます。

では、どうすれば親子関係を正しくできるか?

2つあります。

子どもは、強い親を求めています。
しっかり堂々とした親です。


過干渉でグチグチ何でも言う親ではないです。

息子さんなら、父親です。娘さんなら、
お母さんです。同性の親がポイントです。

これが1つ目です。

2つ目は、その強い親が自分のことを
理解してくれていると、子どもに思わせる
ことができるかどうかです。

「ああ、この親は私のことをわかっている。」

そう思わせないと、信じてもらえないし
言うことも聞いてくれません。

共感の会話法、共同作業法を実践して
ください。それだけで大きく変わります。


思春期の子どもを上から押さえつけようと
するのは、気持ちはわかります。でも、
その方法で上手くいくことはありません。


あなたも押さえられたら反発するはずです。

正しいとか、正論とかで押さえつけても
無駄に終わります。

歩み寄ることが大切なのです。

一緒にゲームをするとか、テレビを見て
話すとかが大切なんですね。

そういうことができると、今の親子関係が
変わっていきます。そして、親の存在が
プラスの意識へと影響を与えてくれます。

それでは、今すぐ共同作業法で親子関係を
変えてみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2772-6835ab3a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ