FC2ブログ

Entries

【不登校】ワガママで完璧主義の子を簡単に動かすカウンセリング法

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓




青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中2男子 5月~不登校

一度、フリースクールに友だちに誘ってもらい、
3日前に体験へ。平日は、私も仕事多いため、
ずっと家でゲームしています。昼夜逆転はなし。

私が仕事に行っている間、短時間でも、
フリースクールに行くようになってほしいのですが、
体験だけで、まだ申し込みはしていません。

フリースクールの私からの声かけ頻度
(しつこくするとどうなのか?)や、もし他に
いい外出方法があれば教えていただきたいです。

誘っても、平日は他にもあまり行こうとはしません。

******************終わり******************************

……

回答:

家にずっと居させるよりも、こうやって
外へ出そうとすることは大切です。


外に出ることで、生活リズムができます。

家にずっといると不規則な生活リズムが
できてしまうので、フリースクールでも
適応指導教室でも、地域の相談所でも
利用できるならした方がいいと思います。

しかし、

子どもはそんなことを望んでいません。

ここが難しい所なのです。

不登校の子の多くが「0か100」タイプです。
完璧主義傾向があります。どこか別の所へ
行くぐらいなら、「学校へ行く」と思っています。


子どもというのは、親に対して、自分が
少しでもダメな人間だと思われるのが
嫌なのです。


もし、できないと感じたら、少しでも言い訳を
することで、自分の責任を回避しようとします。

そうやって、自分はダメじゃないんだ、まだ、
親の求める良い子なんだ、できる子なんだって
思わせたいのです。

そういう心理をわかることが大切です。

フリースクールに行って自分の親への
価値が下がるのが嫌なのです。


フリースクールにしか行けないような自分に
幻滅したくないのです。その事実と向き合う
のが、嫌なのです。

それなら家にいたほうが現実を見なくていい。

そういう心理状態にあります。

では、どうすればいいのでしょうか?

前提として、そのフリースクールがこの子に
合っていることが必要です。雰囲気が合わない
など、それで行けないなら問題は別です。

子どもを動かすには、子ども自身に考えさせて
答えを導いてあげるべきです。

親の方が正解を押しつけても動きません。

それは、思春期の要因がすごく大きいです。
お母さんに言われることは何でも反発するのが
思春期の子どもです。

まずは、完璧主義、プライドの高い子には
自分で答えを出させるように仕向けないと
いけません。


何度も言いますが、
親が「こうしたらどう?」と言っても、
上から言われているような気になります。

そうすると、「自分を子ども扱いしている。
馬鹿にされている。」と思ってしまって、
自分を完璧でないと見られるので腹が
立ってしまいます。

そこで、自分を子ども扱いされないために、
反発して、否定する。


否定すれば、自分の意見を言っている
強い人間に思われます。

たった、これだけの話なのです。

つまり、自分の意見を聞かれず、尊重されて
いないのが嫌なだけです。

「どういう状態になれば、
教室へ戻って、普通にできると思う?」


と、素直に大人として、自立している子だと
思って、聞けばいいのです。

ああだ、こうだと前置きして、これしたら、
あれしたら、と言ってから聞くのではなくて、
単刀直入に聞けばいいです。

そして、その意見を尊重すればいいです。

でも、待っていては動かないので、
その為のサポートは当然しないといけない
ですよ。

完璧主義の子を動かすには、その子の
考え方を聞いて、尊重する態度が必要です。


親が言い過ぎるのです。

子ども扱いし過ぎて、それで過剰に完璧な
自分を作り上げてしまっています。

親に認められたいのです。

それに思春期の反抗期が混ざっているから
本人も、わけがわからなくなります。

できれば、息子さんなのでお父さんが
話を聞いてあげてください。そして、
明確な結論を出してください。

きちんと朝から学校へ戻りたいと本人が
望んでいるのなら、「それなら、どうしたら
戻れると思う?」と素直に聞いてください。

「今は、わからない。」と言えば、

「もし、自分の自由に何でもできるなら、
学校がどうなっていれば、朝から戻れる
ようになっていると思う?」


と、聞いてあげるのです。

すると、その答えが本人の不安の裏返しに
なっているので、そこを先生と一緒に解決して
あげればいいですよね。壁だから。

カウンセリングと同じですが、
聞き方1つですべて変わります。

不登校の心理に合わせてあげながら
背中を押してあげてくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2762-67a811c8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ