FC2ブログ

Entries

【不登校】何を試しても失敗続き。不登校対応を簡単に見直してみよう!

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

学校に向かえない、簡単には
学校に行けないという息子です。

その頭を切り替えてあげないと
進めないというのは、わかります。
本人も考えすぎてしまうと言います。

本当に色々試したんです。

長いこと不登校で、新たに進学した。
でも合わなかった。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校のアドバイスを聞く時に、
大切な事がいくつかあります。

まずは、あなたの子どもが不登校の
どの段階、ステージにいるかを
知っておく事です。

色々試してみても、ステージを間違ったり
してしまっている人も多いです。

不登校には大きく分けて7つのステージが
あります。

不登校解決の全体像と私は呼んでいます。

【不登校解決の全体像】
ステージ1:不登校の原因を学ぶ
ステージ2:親子関係の改善
ステージ3:朝、普通に起きてくる
ステージ4:子どもの意志確認
ステージ5:別室登校
ステージ6:教室復帰
ステージ7:不登校改善教育

・・・


大きく分けると、このようなステージに
分かれると思います。

7つのステージは分かったと思います。

そのうえで、大切な事がもう1つあります。
「環境」の問題です。

「学校環境」と「家庭環境」の2つが
変わらなければ、不登校は改善しません。


まずは「学校環境」についてです。

高校進学や中学進学しても、不登校が
続いてしまうのは普通です。


学年や進学しても、学校自体は授業と
クラブ活動があるだけで、ほとんど同じ
です。

私の言っている「学校環境」というのは、
不登校の子に合う活動を作れるかです。


それをせずに、進学して「学校が合わない」
と言う人は、これも不登校意識だと思って
います。

どんな活動を子どもに用意するかです。

だから、その意味では私はどの学校へ
進学しても条件は同じだと思っています。

何もしなければ、全部の学校に合わない
のだと思います。合わないのではなくて、
合うような環境をこちら側が作らなければ
いけないのです。


次は、「家庭環境」です。

家庭内で大切な事は、私の経験から
言うと、息子さんは父親。娘さんは母親。
この関係が改善しないといけません。


なぜだか、そういう傾向があるのです。

息子さんが不登校で、どれだけお母さんが
がんばっても動かないのは、父親との関係に
原因がある場合が多いと経験から言えます。

そして、もう1つは「不登校意識」の固定化です。

「どうせ、ダメだろう」「この子には学校は無理」
という気持ちが観念に変わって固定化して
しまうと、親も子どもも行動しなくなるのです。

こういう点に注意しながら、もう一度、どこへ
進むべきなのかを考えてください

大丈夫ですよ!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2750-06170260

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ