FC2ブログ

Entries

【不登校】子どもが何を考え、思っているのか?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

ゴールデンウィーク明けから休んでいます。

朝が起きれないと9時くらいに目覚め、
遅刻だけど2時間目から行こうと提案しても
行けません。

また始業時間に間に合うようにおきたときも
ずっと学校を休んでいるからと登校する勇気が
でません。

クラスではいじめられているわけでもなく
他の生徒や友人が高校受験のモードに
なっているなか、何のために勉強するのか
分からないといい、スマホばかりいじっています。

スクールカウンセラーや思春期外来にも
相談しました。

親からは登校や勉強のことをなにも言わず、
本人の思うように放って置きなさいといわれて
いますが、長引くほど再登校しづらくなるのでは
と不安です。

私としてはどんな高校でもいいから
以前のように楽しく学校生活、子供時代を
過ごしてほしいです。

本人が動き出すのを待ち続けなければ
なりませんか?私は何をしてやれますか。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の基本に立ち返らなければ
いけません。

不登校になっている子は、自分自身が
どうして学校へ行けないのか、理由を
わかっていないのです。


スクールカウンセラーや思春期外来に
相談しても、答えは見つかりません。


なぜなら、彼ら自身も不登校がどうして
起きているのか、わかっていないからです。

目に見えない問題なので仕方ありません。

結局、本人から動くまで待つ、という
方法しかなくなってしまいます。

「何も言わないで、待ちましょう。」

というのは、解決法でも何もありません。

残念ながら、不登校の子を取り巻く状況は
この10年ぐらい根本的な部分では何も
変わっていません。


このままだと、原因を解決していないから
どの高校へ行こうが、再び不登校になる
可能性がとても高いです。

周りとの差を感じて、退学して引きこもり
生活に入ってしまうかもしれません。

不登校の子の特徴とは?

不登校になる子は、なんとなく学校へ
行くのが嫌になります。

学校へ行こうとすると体が動かない。

意識的に動かないのではなくて、
無意識に、勝手に動けなくなって
いるのです。


心因性のストレスと言われます。

ストレスの基本は我慢です。何かを
我慢しているから辛くなり、ストレスが
蓄積されていきます。

すると、そのストレスから避けるために
信号を体・脳は出します。


頭痛や腹痛などが多いです。

ここまでは理解してもらえるはずです。

では、何を我慢しているのか?

ここがわかれば、問題は解決して
いきますよね。

詳しくは私の小冊子に書いてあるので
読んでください。

簡単に説明しておきます。

人にはそれぞれ、感性や才能があります。
繊細な人もいれば、鈍感な人もいます。
どれが良いとか悪いとかはありません。


不登校の子は、他の子よりも繊細で
敏感な感性を共通して持っています。


そして、もう1つは真面目な性格です。

真面目だから周りに合わせます。
繊細な感性を持っているのに、それを
押さえつけて、周りに合わせようとします。

ここで強烈な我慢とストレスが起きるのです。

周りに合わせるのが日本人は当たり前
ですから、無意識でストレスが起きるのです。

まずは、このことを理解することです。

子どもは無意識に我慢して辛くなっている。
それで動けないだけ。

では、その我慢を100分の1でも開放して
あげればいいのです。すべて解放する必要は
ありません。


100分の1でいいです。

学校の活動の中で、ほとんどが周りに
合わせる我慢の連続です。そのうち30分
でもいいので、自分らしさを抑えつけずに、
自分を表現できたら苦しさが減ります。

それで学校へ通う苦痛が減ります。

具体的な行動の前に、理解することです。

子どもの心理的な苦しさをわかることが
重要です。そして、子ども自身も自分の
身に起きていることが分かっていない。

わからない状態で、子どもが何か判断を
しても、それが正しいわけではないのです。

だから、子どもから動くのを待っても
時間だけが無駄に過ぎていきます。

それらを理解することが不登校解決の一歩。

ぜひ、学んでくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2651-1b0865b6

トラックバック

コメント

[C35463] Оказываем услуги по сбору любой информации по интернет. Соберем все: информацию, ссылки, статьи, контакты клиентов или поставщиков итд Выполним любые

Оказываем услуги по сбору любой информации по интернет.
Соберем все: информацию, ссылки, статьи, контакты клиентов
или поставщиков итд
Выполним любые Ваши поручения по сбору информации в интернет
Узнайте подробнее о наших возможностях
по email: dimagurin491@gmail.com

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ