FC2ブログ

Entries

【不登校】イライラした娘の感情を止めるには?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

とても思いやりのある5年生の女の子ですが、
自分の意見を主張することが苦手です。

4年生の1月から行き渋りが始まり、3月から
保健室登校もできなくなってしまいました。
自分でもなぜ学校に行けないのか分からないと
言っていました。

青田先生のブログを見て、学校に行きたくない
心の内を説明し、きっと行けるようになる、と話し、
そのために一緒に頑張ろうという話をしました。

その後しばらくは心が落ち着いていたのですが、
やはり学校に行けない寂しさからでしょうか、
イライラしながら、私と主人に「ひま!」と連発しています。

本心では、学校に行って友達と一緒に過ごしたい
という気持ちがあって、それができなくて一人で
いるのはひまでしょうがない、という気持ちなのだと
思いますが、毎日のように「ひま!」と言われ続けて、
どう対応したらよいか分かりません。

子供がイライラを収めて情緒を安定させるための
対応を教えてください。

******************終わり******************************

……

回答:

今回は不登校心理について話します。

イライラ感を持っているのは当然です。

これがなくなったら、学校へ戻らないので
必要と言えば必要な感情です。

それと、親に甘えています。

不登校の子というのは、自分が学校へ
行けないダメな子だと思っています。
これを解消するには2つの方法があります。


1つは、自分を強く見せる。

親に自分は弱くないんだと思わせるために
強気に出るんですよね。反発したりして、
ダメな子じゃないんだって思わせます。

もう1つは、親の愛情を確かめる。

こんなダメな自分でも親が見守って
くれているかを確認する行動をとります。

わざとワガママな行動をしたり、親が
怒るような行動をやったりするんですね。
そうやって、親が見捨てていないかを常に
監視しているんです。

それが行き過ぎると幼児返りのような
状態になる子もいます。


家の中での行動のほとんどが親との
関係で起きています。それがわかれば
いいのです。

朝起きて、親がまだ自分を見捨てていないか
心配になっているだけです。

これは私たちだって子どもの時は同じことを
やっていたはずですよね。親に見てもらいたい、
親に関心を持ってもらいたい。

なので、親が変にそっぽを向いたり、
面倒くさがったりしない方が良いです。

「大丈夫だよ、安心してね。」


っていう言葉を常に掛けてあげればいいです。

学校へ行けないイライラまでをすべて
解消する必要はありません。


ただし、親が登校をあせっていることで
子どもがイライラしているのだとしたら、
それは親の態度を変えるしかありませんね。

具体的に、次の行動へ進んだ方がいいかも
しれません。

別室登校や放課後に数分だけでも学校へ
行くとか、前へ進むことです。

やってみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2632-01241085

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ