FC2ブログ

Entries

【不登校】優しく接しても、どうしても朝起きない原因

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

先生のお話を夫婦でありがたく拝読しております。

一人っ子の娘がこの春中学に入学し、順調に
1週間登校した後、パタッと行かなくなり3週間
経ちました。

1週間楽しく過ごした学校に理由はないけど、
朝になると大きな不安が襲ってきたと言っています。

とても、真面目な子です。

みんなと同じように出来ないことをとても怖がります。
自分へ課すルールが厳しいことや強いこだわりを、
私はいつも心配してきました。

幼稚園から登園渋りや拒否がが激しく、
母子登校もありました。

小5で半年の不登校があり、不登校は
乗り越えたのだな!と喜んでいた矢先のことで、
娘も私も自信喪失が非常に大きいです。

私は娘を、幼稚園や小学校へどうにか
行かせたいばかりに、もう8年程も騙したり、
約束を破ったり、脅したりし続けてきたと思います。

そしてその間、父親は子育てには関心が
ないように見えました。

娘は部屋で動画を見たり絵を描いて過ごします。

買い物にはついてきますが、適応指導教室までは
足が向きません。学校の話をすると「わかってる!」と
嫌がります。

朝はなかなか起きません。

起きるように声はかけますが、無理に起こすと
パニックを起こします。パニックは自尊心を
ますます損ねないかと慎重になってしまい、
結局起きるのは10時前です。

私も主人も、それぞれがどのように接したら
良いのか迷っています。どうかご教授願います。

******************終わり******************************

……

回答:

最初に話しておきますが、不登校と
家庭環境は関係がありません。


1万以上の不登校家族を見てきましたが
家庭環境のせいではないのは明らかです。


ここを間違えてしまうと不登校が長引きます。

親が自分のせいで不登校になったんだと
思ってしまうと、子どもに対して必要以上に
優しくなったり、子どもの意見を優先します。

すると、子どもは自分の楽な方へ進もうと
してしまいます。

元に戻したいのに、子どもは自由な選択肢が
あるから、逃げる方を選びます。

それはそれでいいんだ、と考える方もいるかも
しれませんが、相談されている方の多くは、
そうではないと思います。

元の生活に戻してあげたいと思っているはずです。

不登校の子は自分でも何が原因で不登校に
なっているのかがわかっていません。


だから、自由にさせられても、何をどうすれば
解決できるかがわからないのです。自信もない
ので、唯一やれることは、逃げることだけです。

大人の私たちが色々と準備をして、助けて
あげなければ、解決はできません。

このままの状態が続いてしまうと、朝も
起きられず、中学も卒業まで不登校が続いて
しまいます。

何が原因なのか?

この子の場合、小学校から不登校気味で
中学でも不登校になっています。

ずっと続いているわけです。

お母さんも言われているように、環境の
問題ではなくて、本人自身の細かい部分が
原因だということです。


変にこだわったり、変に貫こうとしたり
してしまい、臨機応変さがないのです。

真面目な部分もあるので、完璧を目指す。

そのため、少しでもできないとやろうと
しなくなるのです。

子育てというのは、学校へ行かせること
ではありません。

もちろん、学校は大切です。

でも、本当は、子どもの個性を開花させ、
発揮させてあげる事です。勉強ばかりでは
潰れてしまうし、辛いだけです。

この子は特にそうだと思います。

家では絵を描いているというのですから、
他の子より芸術の感性を持っています。

別に、画家になるとかではないです。

傾向として芸術の感性があるというだけ
です。でも、それが子育てをやる時の
ヒントになります。


学校に戻った時に、そういう感性を
活かせる活動を作ってあげてください。

今は、朝起きられません。

これは簡単な理由です。

親が朝起きた時に学校へ無理に行かせ
ようとしてくることが、嫌なんですよね。


たったこれだけです。

この子は、朝起きても学校へ行けるわけでは
ありません。それなのに、親は行かせようと
しているんじゃないかって不安になって、
朝を避けているのです。

では、どうすればいいのでしょうか?


「○○ちゃん、朝起きてきても、
無理して学校へ行かなくても良いからね。
休んでいいんだよ。」


と、休む許可を与えてあげる事です。

そうすることで、朝起きてきます。

そして、生活リムズムが出てくるように
なるので、精神状態も穏やかになります。


その時になって、学校へ行く気持ちが出て
くるようになります。そこで登校刺激法で
動かしていくことになります。

まずは、朝起きて、すぐに学校へ向かわせる
のではなくて、朝起こして、学校へ行かずに
家の中で規則正しい生活をさせることです。


ステップを間に1つ入れてあげるんですね。

そうするだけで、起きてくるようになります。
子どもの不安を解消してあげてくださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2625-26970b1b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ