FC2ブログ

Entries

【不登校】勉強が原因で学校へ行けなくなった子への対応方法

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中2男子、新学期3日目から不登校

性格
優しい、思いやりがある
友達はそれなりに多い
真面目、頑固融通がきかない所あり
プライドが高い
まわりの目を気にする傾向

最初はクラスが変わって、仲の良い友達と
離れてしまったのが原因かと思ったが、
勉強するのがかなり苦痛とのこと。

1年の時も登校渋りが何度かあり、その時の
理由がテストや課題ができないとの理由で、
すべて勉強絡みの事であった。

2年になって休みがちになり、その間に
授業が進むので、登校しても授業が
わからなくなってしまい、ますます勉強が
嫌になった様子。

本人も言っていますが、勉強が辛い事が
不登校の原因となっているようです。

もう、授業を受けるのも、ノートをとるのも
嫌という感じです。

この状況を打破し、登校できるようにするには
どうすればよいでしょうか。

父母共に、もう以前のような良い点数を
取らなくても良いし、元気に登校してさえ
くれれば良いとおもっています。

******************終わり******************************

……

回答:

勉強の点数が取れなくなって
不登校になっている子がいます。

あくまで勉強は表面上の問題です。


もし、勉強で不登校になるなら、
日本全国の学校の成績最下位の生徒は
全員不登校になるということです。

でも、そうではありません。

ということは、勉強が不登校の原因では
ないということです。

勉強はあくまで「きっかけ」です。

ここを間違えて対応してしまうと、今後も
ずっと勉強しない諦める子になってしまう
可能性があります。

私の学校には不登校の中学生が
大勢やって来ます。

私立進学校から来る子もたくさんいます。

その半数は勉強が理由です。

でも、勉強は表の理由であって、本当は
違います。だから、私の学校へ来ると
再び勉強をスタートしてくれます。

なぜ、不登校になったのでしょうか?

子どもというのは、自分の存在を親に
認められることが一番なんですね。


これは理解してください。

思春期の中学生、高校生でもです。

親を見て、親に対する自分を考えています。
意識的にではなくて、無意識レベルです。

親に反発するのも、親と自分の対比です。
親に気に入られるのも、親と自分の間です。
常に、親が目の前にいるのです。


それぐらい子どもにとっては大きい存在です。

勉強だって、自分の為にやっているわけでは
ありません。

親が求めているからです。

将来の事を考えて勉強をしている子は
ほとんどいません。社会に出たことない子が
想像はできません。

会社に行くと早稲田閥と慶應罰と東大閥が
あって、今の社長は慶應だから、慶應に
行かないといけない、なんて思う子がいるはず
ないですよね。

何か特定のテーマの研究がしたいから、
勉強したいって子だって、わずかです。

じゃあ、何のために勉強しているかと言えば
親を見ているからです。

親が望む子にならないといけないから、親が
望んでいる勉強をやっています。それが親子の
心理的な関係です。

私だって親が学校の先生だから、教師を
目指した人間です。

親を見ていただけです。自分ではないです。

勉強ができないことで、親に認められないと
感じているのです。


まずは、ここを理解してあげてください。

次に、最初に話したように、成績が悪いから
不登校になるわけではないです。

勉強ができなくとも、何かほかに自分の
自信になるものがあれば、子どもはそこに
自分の価値、存在価値を見出します。


結局は、ここなのです。

勉強で自分の価値を維持できなくなり、
他に自分が保てるものがなくなったので
動けなくなっているのです。

そして、今も、その価値観が邪魔をして
動けなくなっています。

では、どうすればいいのでしょうか?


2つあります。

1つは、無くした自信を取り戻してあげる。

勉強ができないことで、自分を維持する
ことができなくなりました。自分に対する
自信がないので、それを取り戻す事です。

家で出来るのは、親の恐怖心を下げて
距離を縮めてあげる事です。

簡単な方法は「共同作業法」ですね。

一緒にゲームをするとか、子どもの
やっていることと同じことを親がやれば
大丈夫です。

2つ目は、この子らしさを見つけること。

勉強以外に、この子が自分らしさを学校で
出せていたら、不登校にはなっていなかった
はずですよね。

不登校の根本解決をするのなら、
この子が自分らしさを出せる活動を見つけて
あげなければいけません。


これは学校での話です。

この子にはこの子の感性があります。

お母さんとも、お父さんとも違います。

その感性を見つけ、その感性に合う活動を
与えてあげると不登校は解決できます。

それでは、今すぐお父さんが共同作業で
息子さんと一緒に活動してあげてください。

笑顔が戻りますよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2617-cfa11dba

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ