FC2ブログ

Entries

【不登校】起立性調節障害になる3つの原因とは?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

昨年中1の7月頃、生まれて初めて頭痛になる。

11月末から1日中ずっと頭痛が治まらず、学校を休む。
冬休みに頭痛が治まったことから、精神的な
問題だと確信する。

3学期から「学校に行ってほしくない、
勉強もしてほしくない、大丈夫だから
ゆっくり休もう」と息子に言い続けた。

1ヶ月程経つと(2月半ば)頭痛が治まり
元気になるが、学校へ行くとは言わず様子を見る。

3月中旬、学校へ行くと言い出したが、翌日いざとなると
顔が曇り、「何もいいことがない、死にたい!」と発狂、
休ませる。夕方に、やっぱり学校に行く」と言い出す。

翌日元気に学校に行き、楽しかった、
明日も行くと喜んで帰宅。

中2(4月)、新クラスのメンバーもよく、
楽しそうでよかった、と  喜んで帰宅。

最初の1週間は1日休むが元気に登校。
2週目、朝起きられず、5日中4日休む。
3週目、全く起きられず午後に起きてくる。
  
本人は、「学校に行きたい」、「昨年長期休んだ時は
楽ではなく辛かったのでもう休みたくない」と言います。
「精神的なことでは悩んでることもないのに何故か
朝起きられない」と言ってます。

昨年の頭痛は勉強のことで、3歳上の兄には足元にも
及ばなかったこ  とに対してショックを受け、勉強が
嫌になったのが原因ではないか?と本人と話しています。

はっきりした原因がわかりません。

今は新学期が始まったばかりで、ストレスになるほど
勉強は始まっていないのに、なぜ朝起きられないのか、
本人と私、主人も理解できていません。

頭痛は治まったものの、まだ十分回復していないのに
学校に行ったのが行けなかったのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

起立性調節障害と言われているのが、
このような不登校の現象です。

朝起きられない原因が本人にも
わかっていない時に起立性調節障害と
言われます。


不登校原因そのものが朝起きられない
原因でもあります。

目に見えないので理解できなくて当然です。

不登校の原因をよく理解することで
解決ができるようになります。


不登校の多くは思春期に起きます。

小学校や幼稚園から不登校になる子も
います。その子は、不登校の要素の1つが
突出してしまっているだけです。

原因は基本的に同じです。

1つ目は「周りに合わせて我慢する」。

これは日本人なら誰もがやっています。
特に真面目な子ほど、この傾向は強いです。

2つ目は「自分らしさを抑え込む」。


我慢するのと同じようですが、自分らしさを
出す場所がどこにもない子が不登校になって
しまいます。

3つ目は「豊かで繊細な感性」。

周りに合わせて、自分らしさを抑え込むのは
普通といえば普通のことです。日本人は
そういう態度をとります。

しかし、そこに生まれ持った繊細で豊かな
感性が加わるとストレスは何倍にもなります。

この3つの条件が重なる事で不登校に
なってしまいます。

勉強が嫌だとか、周りと比較してしまうのも
1つの要素ですが、それ自体が直接的な
原因ではありません。


例えば、周りと合わせないで自由にして
いれば、ストレスは溜まりません。

周りに合わせていても、自分らしさが
出せる場所があれば、平気ですよね。

周りと合わせて、自分らしさを抑えていても、
それほど感性が豊かでなければ、ストレスは
あまりないです。

この3つが重なっているのが不登校です。

だから、本人にとっては、いつも当たり前に
していることが少しずつ思春期になって、
大きくなってしまったのです。

このうちの1つぐらいには行き着いても、
全部の原因がわかることはありません。

そして、わけもわからず苦しいので、
自暴自棄になって「死にたい」などと
言い出したりします。

親子関係も悪くなると、さらに追い込まれ、
朝起きるのも辛くなります。


学校が嫌だと脳が感じているので、
朝起きることを拒否しているのです。
思春期になると感性が急成長するので
より激しくなってしまいます。

朝起きるかどうかばかりに焦点を
当ててしまうと、問題の本質が見えなく
なってしまいます。

もう一度、不登校の原因を学んでください。

私の小冊子も読み直して下さいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2600-b680aa01

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ