Entries

【不登校】文句を言って学校を休み、ゲームばかりの生活を変える方法

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

現在、中学3年生になる男の子がいます。

中学2年の秋頃から学校へ行くのを嫌がり、
現在では殆ど登校していません。本人と
話をしますと、勉強するのが嫌だと言ってます。

でも、高校には行かないと仕事も出来ないようになるし、
将来の生活も厳しくなるぞと話しています。

それでも行きません。

毎日の生活といったら、殆どが部屋でゲームばかりで
休日とかに出かけようと言っても行きたがりません。
外にも出したいのですが・・・。

今の生活を変えるための方策で悩んでいますので
教えてください。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子は自分でも何が起きているか
わかっていません。

「勉強が嫌い」

それはみんなだと思います。勉強が嫌いで
不登校になっているわけではありません。

不登校という状況になってしまうと、学校の
あらゆることが嫌になります。勉強も、もともと
嫌だったのが、さらに嫌になっただけです。

不登校の子たちに話を聞くと、自分自身に
何が起きたのかわからず、思いつく言い訳が
勉強だということらしいです。

親に理由もないのに学校を休んでいるとは
言いにくいと話してくれた子もいました。

難しいのが、一度、勉強と言ってしまうと、
その言葉を変えられないんですよね。それに
固執してしまいます。

正当化しようとして、勉強が嫌だからが
学校へ行かない、高校も行かない、と言って
しまうんですよね。自分の本心とは関係なく、
間違いを認めたくないのです。

意固地になっていきます。

もう少し説明しますね。

思春期というのは、自分を強く見せたい
時期でもあります。

大人にはなれない、でも、大人のように
一人前になりたい。

だから、少しでも自分を強く見せたい。

不登校で学校へ行けない自分をどうやって
強く見せるか。それは、自分を親になるべく
見せないことです。

親に会うたびに、自分が小さく見える。

だから、親を避ける、現実を避ける、
ゲームに逃げるしかありません。

単純な心理状態の積み重ねがゲームへ
走らせているわけです。

不登校という出発点から、どんどんと
自分を偽ったり、強がったりすることで
今の状態になってしまっています。

私たち大人は短絡的にゲームを取り上げて
しまいます。

子どもがどうしてゲームをやっているのか
考えようとしません。怠けているようにしか
見えていません。

そこに親子のズレ、勘違いが起きています。

家での行動のほとんどが、不登校ではなく
親に対する行動だったりします。

親は自分に原因があるとは思っていません。

子どもはずっと親だけを見ています。

だから、将来について話して、少しだけ
不安がらせても、子どもは経験してないので
実感がありません。

例えば、テスト前だけ勉強するのは、親に
怒られたり、友達に恥ずかしいからです。

将来がどうとかではありません。

これも親の勘違いです。

言えば言うほど、距離ができます。

では、どうすればいいのでしょうか?

この親子の認識のズレを改善すれば
いいわけです。

子どもが歩み寄れないのだから、親が
歩み寄るしかありません。これをしないと
ゲーム依存から抜け出せません。


ゲームが悪いのではなくて、そこへ逃げて
しまわないといけない状況を改善しましょう。

方法は簡単です。

お父さんが息子さんと一緒にゲームを
やればいいです。「共同作業法」です。


今のゲームはネット接続されていて、
見ず知らずのゲーム上の友達がいます。
そこが居場所になっています。

放っておけば、そこの繋がりが強くなります。

だから、1日でも早く、家の中に居場所を
作ってあげるべきなんですよね。

一緒にゲームをするだけで、子どもは
親への恐怖心が少なくなってくれます。


強がる自分を緩和することができます。

すると、親と心のエネルギーが共有されて
自信も出てきます。学校へ戻る気持ちも
出てきます。

ゲームを一緒にやるのは心に抵抗が
あると思います。

しかし、それが親子の距離を生んでいます。

ゲームがない家で、子どもが黙ってゲームを
買っているわけではないですよね。親が
ゲームを買って与えているわけです。

できるはずです。

それでは、今すぐ息子さんと一緒にゲームを
やってみてください。信じられないほど効果が
ありますよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2594-a5bf8846

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ