FC2ブログ

Entries

【不登校】Ipadを取り上げたら、別人のように変わってしまった。

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

小学校6年の3学期から学校に行かなくなりました。

最初は受験のストレスから学校にいると気持ちが
悪いと言って、相談室にいましたが、たまに教室に
行った時に同級生に掛けられた言葉に傷つき全く
行かなくなりました。

カウンセリングを受けて、あまり学校の事を言わないように
言われてそうしてました。

それでも3月の始めまでは友達と遊んだりしてましたが、
今は家を出たがりません。

iPadでラインをして、気を紛らわしてるようです。

先日iPadを取り上げましたが、暴れたり暴言を吐いたり
別人のようになり、時間を限定する約束で返してしまいま
した。iPadを返す時の約束も結局、守れてません。

昨夜も遅くまでイライラして、今朝も機嫌が悪いです。
入学式に行く気はないようです。

******************終わり******************************

……

回答:

とにかく、取り上げてはいけません。

ゲームでも、スマホでも、タブレットでも
マンガでも、テレビでも、取り上げては
いけません。


この方法は不登校の子にはほとんど
失敗してしまいます。

むしろ、親子の関係を悪化させてしまいます。

親子関係が悪化すると、子どもは自分の
部屋に逃げ込んでいきます。そこから
引きこもり生活がスタートしてしまいます。

そういう不登校家族はたくさんいます。

取り上げたい気持ちはよくわかります。

親なら、子どもの躾(しつけ)のために
ゲームやスマホなどを取り上げるのは
当然なのかもしれません。

しかし、不登校にはいけないのです。

実際、スマホやパソコン、ゲームを親が
無理に取り上げた子がそのあとすぐ、
自殺しようとした相談が何件もありました。

だから、とても危険な行為でもあります。

なぜ、取り上げてはいけないのか?

不登校の子は、自分が学校へ行けない
状況を変えられません。

行かないといけないのも分かっている。

罪悪感があります。

でも、どうすることもできない。

そのストレスを持ち続けることは自分では
できません。それらのストレスから逃げるしか
自分の精神状態を保つことはできません。


そこで、スマホやネット、ゲームに逃げている
わけですよね。

これは理解できると思います。

外から見ていると怠けているようにしか
見えませんが、ここしか逃げ場がありません。

その逃げ場を奪ったらどうなるでしょうか?

これは大人でも同じです。

タバコに逃げる人、お酒に逃げる人など
たくさんいます。

そうやって人は、何とかしながら日常の
ストレスを逃がしています。

不登校の子は、学校へ行けないという
強烈なストレスが加わっているわけです。
しかも、家族からも厳しい声があるでしょう。

想像を超えるストレスです。

その逃げ場を取ってしまうと、精神状態が
不安定になって、別人のようになるのは
仕方のない事です。


ゲーム、スマホ、タブレットを取り上げても
不登校が解決するわけではないです。

電車に乗れば、たくさんの人がゲームを
やっている光景を見ますよね。あの人たちが
引きこもっていないのはなぜですか?

関係がないんですね。

それでも親のイライラがあるので、自分の
イライラの逃げ場がなくなっているのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

私は親のイライラが子どもに伝わっている
状況を変えなければいけません。

親のイライラが子どものストレスにもなります。

そして、子どもはスマホやゲームに逃げる。

この繰り返し、循環が出来上がっています。

だから、親子関係を改善してあげると、
子どものストレスが減っていきますよね。

減った分、スマホやゲームに逃げる時間も
減っていくのは当然の流れだと思いませんか?
ストレス軽減こそ、今やるべき事です。


学校へ戻る戻らないの前にやってください。

変な形で親子関係が固定化されてしまうと
取り返せなくなります。戻れません。それで
何十年と親子がおかしくなることがあります。

やることは簡単で、子どものやっている
Ipadをあなたも一緒にやればいいんです。

お母さんだけでなく、お父さんも一緒に
やってください。それで子どもに笑顔が
戻ります。精神が安定します。

こうなってから、ようやく登校刺激の
ステージに移ることができますよ。

それでは、今すぐ子どもにIpadを戻して、
一緒に楽しんであげてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2564-ec5b8cb2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ