FC2ブログ

Entries

【不登校】部屋に引きこもる子どもの出し方

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

2月から不登校になり、今は部屋にひきこもっています。
家族とも話を全くせず会話が会話になりません。

温かく見守ってってよく言われますが、見守るだけでは
距離が近づきません。メールを見たとき、やっぱり
見守るだけでは間違えではないかと思いました。

どう、接して良いかわかりません。1日一回くらい部屋に行き
下でタブレット(ゲームや動画)する様に言っていますが
難しいです。

具体的にどのような対応をすると良いかわかりません。

******************終わり******************************

……

回答:

引きこもりの不登校の対応方法を教えます。

無理に引っ張ろうとしたり、説得しようとしたり
すればするほど、引きこもりは悪化します。


引きこもり不登校の心理を理解してあげれば
解決することは可能です。多くの方たちが、
私の方法で引きこもりを抜け出しています。

引きこもりの不登校を解決するには、
親子関係がポイントとなります。

多くの不登校の子は、引きこもりません。

学校へ行けないだけで、家の中では、
普通に過ごせている子がほとんどです。


だから、引きこもりになって、部屋から出て
来ない状態は家庭の問題です。その事を
理解する事が大切です。

子どもではなく、私たちの態度を変える
必要があります。

なぜ、引きこもりになったのか?

不登校の原因については、私の小冊子や
メルマガで学んでくれていると思います。

感性が豊かで繊細だけど、真面目なので
周りに合わせ過ぎてしまう。そこで自分を
押し殺してしまって、苦しくなるのです。

自分らしさを出せなくなってしまった。

言い方を変えると、自分らしさが何かを
知らないのです。

だから、親や大人たちに認められるのは、
周りに合わせる良い子です。そればかり
やっているので、自分らしさを知らない。

思春期になると、自分らしい感性が
さらに出現していきます。でも、どうやって、
その感性を出せばいいかわかりません。


そこで戸惑い、迷ったまま、周りに合わせて
いたら、ストレスがさらに蓄積したのです。

限界がやってきて、不登校。

ここまで親はほとんど関係ないです。

しかし、不登校になってから、
家の中しか居場所がありません。

ここで家族が味方してくれればいいですが、
理解がないと感じたら、子どもはどうするか?

引きこもりになるしかありません。

人は「自分の事を理解してくれる人」の
話を聞こうとするのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

親を信じていないから引きこもっている
以上は、信じてもらえるようにするしか
方法はありません。

私が引きこもり不登校の子を見てきた中で
娘さんはお母さん、息子は父親に対する思いが
強いということがわかってきました。

この親子関係を改善すると大きく変化が
出てきます。

引きこもりになるぐらいだから自信がない。

自信が無いのは、親から認められていない
からです。何かをやって認めることではなく、
存在自体を認められていないことです。

これは親から直接褒める、認めてもらえれば
いいのです。

例えば、お母さんがお父さんの代わりに
言ってあげても良いと思います。

「あのね、お父さんはね、
実は、あなたのこと認めているのよ。

いつも、お母さんと2人の時は、あなたの事を
話してくれているのよ。あなたの可能性を
信じてくれているのは、お父さんだけだよ。

”あいつはすごい奴だよ、俺は信じている”
って、お父さん言ってたからね。

安心するんだよ。」

・・・


こんな声掛けを、あなたが父親の代わりに
やってあげてもいいですよね。

ドア越しで良いから言ってあげて下さい。

お母さんからは、

「あなたが学校へ行こうとしている努力は
お母さん分かっているからね。

お母さんにしたら、その気持ちがあるだけで、
もう学校へ通っているのと同じだよ。

もし、お母さんだったら、毎日、泣いて泣いて
家を飛び出してる。だから、あなたはすごく
子だからね。がんばっているの分かってるよ。

安心するんだよ。」


こう言ってあげて下さい。

わかりますか?

リビングに来るように誘導しても、
子どもはイライラするだけです。自分の
気持ちを理解してくれているわけでは
ないと思っています。

それでは、まずは子どもに自信を持たせて
あげてください。この声掛けを言ってから、
共同作業法をやれば大丈夫ですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2563-4d7f9e05

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ