Entries

【不登校】中学進学目前で学校を休んだ…

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

小学6年の女の子です。

卒業を目の前にして登校しぶりが始まり、
今は保健室登校しています。

登校を渋り出すようになってから話を聞くと、
少し前からクラスの男子にいじめられていたとのこと。
加えて今まで仲間はずれが怖くてお友達の前で
無理に明るく振舞っていたけど最近疲れてきた、と。

いじめのことは担任の先生にも打ち明けて
対処してもらった結果、表立ったいじめは
なくなったようですが、もうクラスの雰囲気が
耐えられないそうです。

娘は何か不満があっても口にできず、嫌がらせを
受けてもなかなか文句も言い切らない性格です。

もうすぐ卒業、中学生ですが、メンバーは
ほぼ変わらないためこのままでは同じことに
なるのではないかと心配しています。

自分と合わない、嫌な人はどこにでも居るものです。

これからのためにも娘にはもう少し強くなって
もらいたいと思いますが、どんな風に話をしたらいいのか。
またどんな風に対処したらいいでしょうか?お友達にも
助けを求めたり、中学に対してもアプローチすべきか迷っています。

******************終わり******************************

……

回答:

小学6年生の不登校の子は大変です。

実際、文部科学省のデータでは小学6年の
不登校生の5人中4人が、中学進学後も
不登校が続いています。


とても厳しいです。

このまま何もせずに中学進学まで待って
いれば、中学でも不登校になるでしょう。


そうなれば、また、中学卒業まで
不登校が続いてしまいます。

そうすると、勉強もできず、友達もできず、
自分の人生をあきらめて、引きこもって
しまう可能性も高いです。

そういう子が私の学校にも入学・転校して
きます。不登校は抜け出せないです。

中学進学で明るい学校生活を送らせて
あげたいですよね。

なぜ、中学進学後も不登校が続くのか?


ほとんどの場合、小学校から中学校へ
進学しても、メンバーも同じ子が上がって
きて、環境もそんなに変わりません。


いくつかの小学校の子が集まりますが、
同じ地域に住む、同じような子たちです。

雰囲気も、そんなに変わりません。

不登校の子は環境を変えると大きく変化する
ことがあります。中学進学は大きな変化の
ように感じますが、環境はそれほど変わる
わけではないです。

この点がわかっていない人がいます。

不登校の子は他の子にない感性を持って
います。それが不登校の原因の1つでも
あります。


その独特な感性が小学校のメンバーや
環境と大きく違うのです。

その独特な感性にとっては、小学校も
中学校の環境も微差です。そのことを
わかることが大切です。

環境の変化に頼ろうとしても、中学進学
では、環境の変化になりえないのです。

それが、文部科学省の発表している
データ結果になっているのです。

「じゃあ、中学進学してもダメなんですか?」


と、思われるの当然です。

では、どうすればいいのでしょうか?

子ども本人が何も変わっていません。
そのことをお母さん自身分かっています。

いじめの問題はすごく敏感で、難しいです。

このままだと、またイジメられるでしょう。

子どもと言うのは、子どもの世界があります。
イジメ問題が起きて、大人の前で子どもが
謝ったとします。それは、大人の世界での
謝罪にすぎません。

子どもの世界ではイジメが続いています。

必ず、中学校の先生と事前の相談が必要です。
それをしなかったら、中学3年間不登校です。

不登校もそうだし、弱くてイジメられる子にも
多い原因があります。

感性が豊かなのに、主張することができない
から、自分の中に抑え込んで、ためこんで
しまっているのです。


自分らしさを自己表現させてあげることが
不登校解決になるはずです。

その環境を用意してあげるのが私たちの
やるべきことです。学校を変わったり、
進学しても、その環境がなければ同じことに
なるだけです。

例えば、科学が好きな子がいて、実験を
ずっと一人でしている段階は自己満足です。


それをみんなの前で発表したり、議論したり
する機会を作ることで、自分の意見を言って、
自己主張できるようになります。

イラストに関して発表したり、誰かと話し合う
機会を作るほうが大切です。


私の学校でもなるべくそうやっています。

これはとても有効です。

ぜひ、そういう視点での不登校解決を
目指してみてください。

そうすれば、自信を持って中学進学ができる
と思います。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2531-d93eb87d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ