FC2ブログ

Entries

【不登校】子どもの言う事を何でも聞いていいの?ワガママな子にしない親

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学2年の息子、不登校になって
2ヶ月半くらいたちました。

反抗的で我慢がきかず、タブレット依存が激しく、
一日12時間以上タブレットにヘッドホンを離しません。
今は朝5時まで起きていて昼過ぎに起きてきます。

現在、タブレットは一階の部屋でのみ、
息子は一日中タブレットでゲームや漫画を
読んでいたりします、

が、今日、いきなり、二階の自分の部屋でタブレットを
使えるようにしろと言ってきました。

勉強などする気は絶対にないくせに、二階で
勉強もするからと。。これには私は信用、共感出来ず、
いよいよ二階の自室に本格的に引きこもろうとし
始めたのではないか、と嫌悪感がよぎり、思わず、
『二階で昼夜逆転の生活でiPad持ち込んだら完全に
ベッドで一日中過ごすことになるでしょ』と言ってしまいました。

そこからは、もう完全にシャットアウトされ、
息子はもういい、死ね!としか言わなくなりました。

今でもどう答えたらよかったか、わかりません。
信じてあげるべきで望みをきいていいのか、
どうしたら良いでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の問題と、家庭内のルールの
問題は全く別です。


不登校だから甘やかしていいのではないです。

私も過去に不登校の子が家の中で
荒れ放題になっているケースを沢山
見てきました。


問題が大きい家庭ほど、子どもの自由に
させています。躾(しつけ)、ルールがない。

部屋に引きこもり、親を奴隷のようにして
過ごしている不登校の子がいます。

その家庭では、親が子どもの意見を
すべて聞いてしまっているのです。
家庭内の秩序は崩壊して当然です。

だから、このお母さんのやった事は
間違いではありません。

ダメなものは、ダメなのです。

子育ての基本について話します。

家の中のルールは親が決めるものです。
世間ではありませんし、子どもと話し合って
決めるものではありません。


親のあなたが独自に決めていいのです。

例えば、ある家庭ではゲーム自体を全面的に
禁止しています。

ある家庭では、時間内ならゲームをやっても
良いという家庭もあります。

テレビが自由な家庭もあれば、NHKしか観ては
行けない家庭だってあります。テレビそのものが
禁止の家庭もあります。

これらはすべて親の勝手です。

自分の家なのだから、親が決めていいのです。

実は、こうやって親がルールを決めることで
親の権威が高まるのです。

例えば、サッカーの試合で選手が審判に
ルールの変更を求めたらどうなりますか?
おかしい事になりますよね?


試合は成り立たなくなってしまいます。

親が子どもの言う事を全面的に聞いてしまうと
家庭は崩壊してしまいます。


子どもは理性的に考えているようで、ほとんど
感情的に考えています。欲は手に入れると、
さらに欲しくなる性質があります。

その事も考えて子育てしないといけません。

親子関係を友達ぐらい、同居人のような感覚で
いる人が不思議です。

わかりやすく言うと、学校の担任の先生と
生徒の関係です。生徒の言う事を担任が
すべて聞いていたら、クラスはめちゃくちゃに
なってしまいます。


想像すれば分かると思います。

これからどうすればいいのか?

夫婦でしっかりと話し合いをして、ルールを
維持する、変えないなどを決める事です。
そして、母親に対して子どもが暴言を吐いた事も
躾(しつけ)をしなくてはいけません。


担任の先生に生徒が「死ね!」と言って、
そのまま何もなければ、どうなりますか?


あいまいなままの子育ては、あいまいな
子どもを作ってしまいます。

強い親がいることで、子どもの精神状態も
安定していきます。

しかし、バランスも大切ですよ。

共感の会話、共同作業法もやりながら
ダメなものはダメだと教える事です。

やってみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2530-32d67902

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ