FC2ブログ

Entries

【不登校】登校刺激の会話の方法

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学1年生の息子が、昨年10月より不登校です。

現在は、精神的にも落ち着き、週に2~3日は
適応指導教室へ通い、1~2日は学校へ放課後登校しています。

しかし、この状況が普通になってきており、なかなか学校へ
復帰する働きかけができておりません。今後、どのようにして
登校刺激をしていけばいいか、アドバイスをお願いいたします。

******************終わり******************************

……

回答:

放課後登校までさせることができたのは
お母さんのがんばりです。素晴らしいですね。


学校へ復帰するまでは、常に働きかけを
しておかないと、待っていても次のステップへ
進む事はできません。

子どもの前には、常に不安があるからです。

その壁を乗り越えさせないと、
次へは行けません。

今、すごく良い状態なのですが、ここが
固定化されていくと、子どもは自信を少しずつ
失っていき、また学校へ行けなくなります。

そうすると、これが失敗体験となって、
次の壁はさらに大きくなってしまうんですね。


だから、何としてでも、ここで学校へ戻す。

学校へ再び行けなくなると、中学卒業まで
不登校になってしまう可能性が、とても
高いです。

そうならないように、動かしていきましょう。

なぜ、次へ進まないのか?

これは単純に、子ども自身がどうして
良いのかわからないからです。

子どもというのは、親に対して、完璧な
子ども像を示そうとします。だから、今の
状態から、急に教室復帰を目指そうと
するのです。


間にステップを置かないのです。

もし、別室登校をしようと親に言ったら
拒否されるかもしれない、あるいは、
ダメな子だとさらに思われるんじゃないかと
思っています。

だから、自分から提案することができません。

たったこれだけの事なんです。

だって、放課後登校しているってことは、
学校へ戻る意志がある証拠です。


その心理を理解してあげる事が大切です。

では、どうすればいいのでしょうか?

「登校刺激会話法」を使いましょう。

登校刺激に失敗している家族の多くが、
一方的な刺激をしています。

「保健室登校してみたらどう?」

「お昼から学校へ行ってみたらどう?」

「別室登校からスタートしてみたら?」

・・・


こんな感じで話しているはずです。

これがダメなんです。

一見、優しく提案、促して、刺激している
ように感じますよね。

でも、子どもはどう思っているか?

「早く学校へ戻ってほしいだけだろ。
こっちの気持ちは無視かよ。」


こう思っているんです。本音です。

だから、反発するんです。

親の裏の本心を見抜かれています。

そこで、こちらから提案するのではなくて、
子ども自身に答えを出させる登校刺激を
するべきなんです。

「どうしたら教室へ戻れると思う?」

「もし、自分の思い通りになるのなら、
どういう感じになれば、教室へ戻っていると
思う?」


こうやって、親が答えを押し付けるのでは
なくて、子どもに答えを出させるように導く。

「どうしたらいい?」とか、「どう思う?」とか、
YesかNoで答える質問ではなくて、答えが
何でもいいオープン質問法にしてください。

子どもが、「○○だったら、学校へ行ける。」
とか言ったら、「そうだよね、わかるよ。じゃあ、
そうなるためには、どうすればいいかな?」と、
またオープン質問法で聞くのです。

「わからない。」と言えば、それも「そうだよね、
わかるよ。」と共感してあげる。

これを繰り返していくだけで、子どもは自分で
答えを何か出します。

そして、一番安全な方法が別室登校だと
気が付きます。

安心してください。

聞き方って大切なんです。

それでは、今すぐ登校刺激会話法を使い、
お父さんが動かして下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2502-eaeab71c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ