Entries

『不登校には2つのタイプがある』のを知っていますか?

感謝しています。みなさんに支えられて
ブログを続けられています。よかったら応援してあげて下さい。
(1日1回クリックを!よろしくお願いいたします)
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

不登校になった娘が、世間で言われているような
不登校の子たちとは違います。

明るくて、家では普通に過ごしています。

友達もたくさんいます。

私の子は他の不登校の子とは違うのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

不登校には大きく分けて2つのタイプが
います。


あまりに縦割りに分けてしまうと誤解が
とてもあります。だから、話していなかった
のですが、不登校理解が深まっていると
感じているので、話そうと思います。

不登校の子の原因は共通しています。

しかし、タイプが違うので対応方法は
大きく違います。

これは、不登校のタイプというよりも、
人間そのものの2つのタイプです。


これがわかると、この子の対応、これから
どうやって学校で教育していくべきかの
道筋が見えてくると思います。

でも、これがわからないと、間違い続きの
対応になります。

簡単に親はAタイプでも、子がBタイプの
場合が難しいんですね。わからないから
です。

2つのタイプとは何か?

すごくシンプルに言えば、外でワイワイ
楽しめる子と、内で一人で楽しめる子の
違いです。


別にどちらが正しいわけでも、間違って
いるわけでもありません。

不登校と聞くと、引きこもりで独りぼっちな
印象が強いですが、全員がそうではない
ですね。


休日に友達と遊ぶ子もたくさんいます。

不登校なのに、外では遊べます。

この2つのタイプが大きく分けています。

今回の子も、不登校だけど友達もいるし、
アルバイトもやっている子ですね。

このタイプの子は、学校の中で嫌なことや
不安なことが楽しいことよりも1つでも勝って
しまうと、動けなくなります。

一気にネガティブに振れてしまうのです。

そして、1つのことだけに集中するよりも
色々なことを同時にやれる環境が合って
います。


勉強だけ、部活だけとかそういうのは無理です。

あっちも、こっちもやりながら、その度ごとに
満足しないと諦めてしまいます。

例えば、家でお花を栽培しているとしたら、
バラだけを栽培する人と、何十種類も花を
栽培する人に分かれますよね。

この子は何十種類も花を栽培する人の
ように、同時にいくつものことをやりたいのです。

それが学校にないので、苦しい。

勉強もやって、ギターも弾けて、サッカーも
やれて、バイトもできて、っていくつも同時に
やれないと苦しくなってしまうのです。

説明が難しいですが、なんとなく理解してください。

だから、私の学校ではいくつもクラブや
サークルを掛け持ちする生徒がいます。

全部やりたいんですね。

そういう環境がないと、勉強だけになって
苦しくなってしまうのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

「嫌いな授業があると行けない。」のも、
マイナスなことばかりに注目してしまうように
追い詰められているんですね。

何か学校で、楽しいと感じることが
いくつかなければ、苦しいだけです。

「学校は勉強するところだから、勉強だけ
やっていればいいんです。」


って、考える人もいると思います。

その人は真面目に勉強をしてきたのだと
思いますが、全員がそういうタイプではない
です。

結局、いつも話すのですが、不登校は
子どもと学校の問題です。


子どもはいくつかの選択肢の中から
選びながら活動したい。でも、学校は
1つの価値観だけで統一したい。


ここが分裂点なんです。

以前、早稲田に入った子で、高校3年の
夏が終わっても、ずっと部活をしていた子が
いました。

友達も多くて、真面目にコツコツタイプでは
なくて、ワイワイやりながら、自分のやりたい
ことをいくつか抱えながら生きるタイプです。

一方で、同じクラスには、コツコツ勉強だけを
やって早稲田に入った子もいました。

だから、この2つのタイプを理解するといいですよ。

どちらも感性に合う環境がないといけませんが、
それが1つなのか、いくつもあるのか、その違いが
あるってことです。

少し理解が深まったでしょうか?

今後も、この話はしていきますね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota





質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2500-b020dbf3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ